ワカメやひじきでは薄毛の改善はしない!海藻類が髪に効かない理由とは

よくワカメやひじきを食べると、髪の育毛にも効果的だという話を聞きます。

しかし実はこの話には、少し誤りがあります。

一体ワカメやひじきは本当に髪にとって良い食材なのか、それとも嘘なのか、嘘だとしたらどうしてなのかをご紹介します。

1.ワカメやひじきの薄毛改善は医学的な根拠がない

ワカメやひじきを食べていれば薄毛が改善される、黒々としていてコシのある強い髪が生えてくる、この話しには残念ながら、医学的な根拠がありません。

それなのにどうしてワカメやひじき、いわゆる海藻類が髪に良いと言われているのでしょうか。

これは女性の黒々としている艶やかな洗い髪が、海の中に潜った時に見えるワカメ等の海藻類のようだという事から、話が広がっていったのですね。

そしてもう1つ、海のあちらこちらにあるゴツゴツとしている岩場の脇からは、しっかりとしたワカメが生えてきます。

このようなワカメと同じく、頭部から髪が生えてきますように、と考えて食べ始めたという話もあります。

こうした迷信が現代まで続き、海藻類=髪に良い食べ物だとされてきたのでしょう。

2.ワカメやひじきに含まれる成分は?

ワカメに含まれている成分には、主に食物繊維、カリウム、ヨウ素、カルシウム、ビタミンA、B(B1・B2・B6・B12・ナイアシン等)、Cがあります。

これらの作用は、例えば便秘改善や眼精疲労予防、免疫力の向上に、強い骨を保つ、美肌効果が挙げられます。

ひじきには炭水化物や食物繊維、ビタミンAB群EKカルシウムや鉄、亜鉛、マグネシウム、ヨウ素等です。

他にも多くの栄養素を含んでいますが、これらを摂取する事で貧血予防や便秘改善、肥満予防といった効果を得られます。

この2つの食材の成分の中に含まれているもので、例えばヨウ素や亜鉛は育毛に欠かせない物質です。

この事から、医学的な根拠はないものの髪に良いのだと言われるようになった、という事もあるのでしょう。

3.ワカメとひじきのヨウ素には特に良い効果が期待できる

ワカメとひじきに共通して含まれているヨウ素という成分、こちらには、実は髪に良いと言われる所以となった効果があります。

ミネラルの一種であるヨウ素ですが、これを摂取する事によって、甲状腺が活発化してくれます。

乾燥ワカメ100gにはヨウ素がおよそ7,000mg前後、乾燥ひじきの場合は100gにつきおよそ2,000mgも含まれているのです。

甲状腺機能が低下する事で甲状腺ホルモンの分泌量が下がり、毛母細胞という髪にとって大事な細胞の機能も低下します。

更に甲状腺ホルモンが自律神経を保っているので、低下すると新陳代謝も悪くなるのですね。

こうした事を防いでくれるヨウ素はとても大切な成分で、その事からワカメやひじきが髪にとって効果的という話が全くの嘘、という訳ではなくなります。

しかしヨウ素は摂り過ぎると逆に甲状腺に悪影響をもたらし、髪が抜けやすくなるという事も出てきますので、取り扱いには十分注意が必要です。

4.ワカメとひじき内のヨードが血液循環を手助け

海藻類にはヨードという成分が含まれています。

ヨードとは甲状腺ホルモンを生み出す為の主な成分です。

ヨードが不足しているとヨウ素が幾らあっても甲状腺ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

このヨードには甲状腺ホルモンの手助けをする他に、血液の循環をスムーズにするという効果も期待できます。

血液の循環が滞っていると、髪へ栄養素や酸素、そして血液を運び込む事が難しくなってしまいます。

そうなると髪も新たに育つ事がなかなか出来ず、毛根から皮膚へと顔を出せなくなります。

そこで血液循環を滞りなく行う事で、更に早く育毛を感じられるようになります。

5.ワカメとひじきだけでは育毛は成功しない

ヨウ素やヨード、他にも沢山の栄養素を含んでいるワカメとひじきですが、しかしこの2つだけを摂取していても、育毛は成功しません。

むしろ栄養素が不足して、髪にも体にもあまり良くない状態になってしまいます。

髪にとって最も大切な栄養素とは、たんぱく質です。

例えば魚、鶏や豚、牛等に含まれている動物性のたんぱく質、そして大豆製品に含まれている植物性たんぱく質が重要です。

このたんぱく質も共に摂取しない事には、いつまで経っても育毛効果は得られません。

この事からも、ワカメとひじきだけでは髪に必要な栄養素があるものの「育毛効果があるというのは嘘」と言われる要因となるのでしょう。

6.直接的な効果はないが髪は艶やかになる

ここまでご紹介した5つの項目を考えた上で、結論として「ワカメやひじきは髪に良い栄養素がたっぷりあるが、育毛に直接的な関係性がある訳ではない」と言えるでしょう。

しかし、やはり海藻類に含まれているミネラルは摂取していると、人によってはパサパサ髪に艶が出た、という話もあります。

ですからワカメやひじきを育毛の為の主成分とせずに、たんぱく質等他の栄養素と摂取しつつ、育毛剤等のサポートだと考えましょう。

正し、AGA、FAGA等の場合は幾らワカメやひじきを食べても改善される事は少ないので、専門のクリニックにかかる事をオススメします。

ワカメとひじきはプラシーボ効果を期待して食べると良い

「ワカメやひじきを食べていれば髪に良い事があるかもしれない」とプラシーボを期待して食べてみるのはどうでしょうか。

育毛には直接的な効果はありませんが、健康には良いですしヘルシーですから毎日の食事でおかずの中の1品として気楽に食べましょう。

ワカメやひじきでは薄毛の改善はしない!海藻類が髪に効かない理由とはに関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)