若ハゲになる原因4つ。遺伝・ストレス・男性ホルモンなど

20代や30代と言った年代から若ハゲになると大きな悩みとなります。

そんな若いうちからハゲが始まる人にはある共通したいくつかの原因がある場合が多いです。

人それぞれ原因が異なりますので原因に合わせた対処法の実践が必要です。

1.男性ホルモンに原因

若ハゲになる人に一番多く見られる原因なのが男性ホルモンです。

男性ホルモンには男性らしい身体づくりの形成に役立っているテストステロンと言うものがあります。

このテストステロンが血液によって毛乳頭に運ばれます。

毛乳頭に含まれる5α還元酵素と結びつくとジヒドロテストステロンへと変化します。

ジヒドロテストステロンには脱毛因子が含まれており、髪の毛の成長期を短くしてしまいます。

成長する前に髪の毛が抜けてしまい、これが若ハゲの元になってしまいます。

男性ホルモンが原因の若ハゲの場合、その対処法は5α還元酵素に行うのが基本です。

育毛剤にはオウゴンエキスやビワ葉エキス、ヒオウギエキスなど、5α還元酵素の働きを抑制する作用を持つと言われる成分を配合するものがあります。

この場合、若ハゲの原因から対処できるのが良いところです。

植物由来の成分なので作用はマイルドですがその分副作用が出にくいです。

もし育毛剤では改善できなかった時はAGA治療薬と言う対処法があります。

AGA治療薬の中にフィナステリド錠と言うものがあります。

有効成分フィナステリドには5α還元酵素の働きを抑制する効果があると言われ若ハゲの予防に役立ちます。

2.血行不良に原因

過剰なストレスは若ハゲの原因になる事があります。

私たち人の自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は運動した時など活発に行動している時に優位に、副交感神経は食事や睡眠時などリラックスしている時に優位になります。

ストレスが加わるとこのうち交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると血圧を上げるために血管が収縮します。

このため頭皮に血行不良が起こる事があります。

毛乳頭が十分な働きを続けるには血液から酸素と栄養を受け取りする事が必要です。

血行不良が起こるとそれが不足してしまい、若ハゲに原因になってしまいます。

その他にも喫煙するとニコチンにより血管収縮が起こる事があります。

血行不良が原因の若ハゲには育毛剤も有効です。

育毛剤の中にはセンブリエキスや海藻エキス、ボタンエキスなど血流改善作用を持つ成分を配合するものがあります。

こちらも植物由来の成分なので安心です。

もし育毛剤を使っても改善できない場合、ミノキシジルを使用すると言う対処法があります。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、頭皮の血行不良の改善により発毛促進が期待できます。

日本ではミノキシジル配合の発毛剤が発売されており手軽に入手できます。

3.頭皮環境の悪化に原因

洗髪に使用するシャンプーは石油系界面活性剤を配合するものが多くなっています。

泡立ちが良く洗浄力が強いのですが、洗い過ぎると頭皮を乾燥から守っている皮脂まで落ちてしまう事があります。

乾燥から守ろうとして過剰な皮脂分泌が始まり、頭皮環境の悪化が原因となり若ハゲになってしまいます。

そんな時に有効なのがアミノ酸系洗浄成分配合のシャンプーです。

洗浄力はマイルドですがその分だけ頭皮に優しいと言うのが良いところです。

頭皮環境が悪化するとアルカリ性にかたむく事があります。

本来頭皮は弱酸性が一番良好な状態です。

アミノ酸系洗浄成分配合のシャンプーは弱酸性なのでアルカリ性にかたむいた頭皮を弱酸性に戻してくれます。

さらにアルニカエキスやゴボウエキス、ローズマリーエキスなど頭皮環境を良好に保つ作用を持つ成分配合の育毛剤も有効です。

こちらもほとんど副作用の心配は無いので安心して使用できます。

4.遺伝に原因

若ハゲは特に母方の祖父の遺伝を受け継ぎやすいと言われています。

母方の祖父が若いうちからハゲていたらその孫も同じ運命をたどる可能性がありますので注意が必要です。

注意が必要と言われても遺伝の場合はどうにもならないのではと思われるでしょうが、早めに対処する事で改善が期待できます。

特に育毛剤やAGA治療薬は完全に禿げ上がってしまうと毛根が死んでしまい、改善が期待できなくなるので早めの行動が大切です。

予め母方の祖父を見て分かっていれば早めに対処する事ができます。

遺伝子検査により若ハゲになりやすい遺伝を受け継いでいるかどうか調べる事も可能です。

遺伝子は生まれ持っているものだから一度検査すれば二度目は不要です。

近頃では遺伝子検査キットが通販で販売されており手軽に入手する事ができます。

若ハゲ対策をしよう

このように原因に合わせた対処法で若ハゲでも十分改善が目指せます。

遺伝だからと諦めずに実践してみて下さい。

その代わりに若ハゲの対処法はすぐに実感できるものでは無く長期戦となります。

根気強く続ける事が大切です。

AGA治療薬の場合は副作用が見られますので、異常が見られたらすぐに使用を中止し医師に相談して下さい。

若ハゲになる原因4つ。遺伝・ストレス・男性ホルモンなどに関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)