若ハゲの治療法や対策には何ができる?

若い男性でも髪の毛の悩みを抱える方は多いでしょう。

特に30代位から徐々に若い頃に比べて髪の毛の量が減ってきた、頭皮に違和感を感じるようになってきた、髪が細くコシが無くなってきたなどと感じ始める方も多いのではないのでしょうか。

そんな男性のために若ハゲの治療方法や対策などについてご紹介します。

1.自分の症状を正確に把握する

男性の薄毛は大きく分けると額の部分から進行するタイプ(M字ハゲ等)と頭頂部が進行るすタイプの2つに分けられます。

まずは自分自身がどのタイプかを正確に把握しましょう。

抜け毛が多くなってくると頭皮の違和感なども感じると思うのでできるだけ進行しないうちに合わせ鏡などで自分自身の額の生え際や頭頂部の部分をよく観察してみましょう。

明らかに抜け毛が進行している場合は一目瞭然だと思いますが、抜け毛が進行中の場合はシャンプーなどをした後にあえて髪の毛が濡れている状態で額の生え際を上に上げてみたり、頭頂部の部分をブラシで整えてみたりして地肌が透けて見えないかを確認してみましょう。

髪の毛が乾いているときにはわかりづらいですが濡れていると髪の量や細さがよくわかるので髪全体の状態が確認しやすいです。

なかなか自分で確認をする作業というのは面倒でごまかしがちですが、自分一人のときに勇気をもってやってみましょう。

2.育毛剤と発毛剤

自分自身の抜け毛の症状や薄毛の部分が確認できたら早速育毛治療を開始しましょう。

育毛治療といっても様々だと思いますが、今回はまずいちばん誰でもが一人で始められる育毛剤、発毛剤についてご紹介します。

まず、育毛剤ですがこれはかなり昔から薬局などで売られていて広く知られているものですがその成分や効果などは昔と比べると現在では相当研究が進んでいてその種類も非常に多種多様です。

昔は比較的M字ハゲや額から進行する抜け毛には効果が期待できないとされていた育毛剤の分野も現在ではその部分だけに特化した育毛剤なども発売されていて、一定の効果も実証されているものも多くあります。

そして発毛剤ですがいちばんスタンダードなものとすれば近年日本でも大手製薬会社が発毛剤というネームで大々的にテレビコマーシャルをして発売されているものなどがあるでしょう。

育毛剤とは違って確実に髪をふやすということに働きかけるもので日本でも近年承認されて発売されています。

これは比較的にタイプを選ばずに効果が期待できるというもので現在では薬局などで簡単に購入することができますので試してみましょう。

3.薬剤以外の複合的なアプローチ

育毛剤、発毛剤というのはいわば髪に対して外部的に直接アプローチをする方法ですが、逆に体の内部からのアプローチ方法も栄養や体質などに働きかけることとして重要です。

簡単に言うと「育毛サプリメント」ですが、この分野も近年非常に研究が進んでいて様々な成分と薄毛や抜け毛の因果関係として解明されはじめています。

具体的に3つの代表的な育毛サプリメントをご紹介します。

一つは「ノコギリヤシ」です。

これは前立腺肥大対策や男性ホルモンの過剰な分泌を抑える効果から抜け毛にも一定の効果が期待されている成分です。

現在非常にメディアでも多く取り上げられていて健康サプリとして急成長している大注目サプリです。

もう一つはリジンというアミノ酸のサプリです。

これは人体で独自に生成することができないアミノ酸とのことで発毛剤などとの相乗効果が報告されている注目の育毛サプリです。

あと一つは亜鉛です。

これは爪や髪の毛を強く太く育てる栄養の成分になります。

髪の毛そのものに対しての栄養とでも言うものですので育てた髪に対してのプロテインとでも言うべきでしょうか。

育毛剤発毛剤で外部的なアプローチをしてサプリで内部から働きかけることによってそれぞれ単独で使用するよりも相乗効果は期待出来るでしょう。

4.安定した生活リズムを確立させる

最後に薄毛や抜け毛に非常に良くない習慣として生活リズムの乱れからくる疲労なども挙げられます。

十分な睡眠をとらないと体内の神経血行などが乱れることによって育毛にも当然悪影響になります。

生活リズムの乱れによる過度の疲労や神経の消耗などによって頭皮や毛根に栄養を供給する血流も正常に働かずに十分な栄養を供給することができなければ髪の毛を育てることはできません。

若い時は体力にまかせて無理をしがちですができる限り安定した生活リズムを確立し、できるだけ睡眠時間を確保して毛根に栄養がいき渡るように心がけましょう。

若ハゲは慎重に治療していこう

現在では育毛剤や発毛剤、育毛サプリメントなどが随分研究されて様々な種類のものが個人でも手軽に入手することができます。

薄毛に悩む人や特に若い人にとっては育毛にかかる費用もできるだけ安く済ませたいという人も多いでしょう。

現在ではAGAの様々な薬剤などがインターネットで安価で購入できたり様々なサイトで薬を販売していたりします。

ただ薬剤の信頼性や取引の安全性などを考えると多少費用がかかったとしても可能な限り専門のお医者様に相談して総合的なアドバイスや治療薬の手配をすることをオススメします。

若ハゲの治療法や対策には何ができる?に関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)