つむじ割れの原因と改善する方法

つむじの割れが目立って困っている人もいるのではないでしょうか。

髪の毛がある時はそれほど気になりませんが、薄くなってくると割れ目が目立つため悩みの種になることもあるでしょう。

今回はつむじの割れの原因とその改善方法についてご紹介します。

1.割れ目が目立ち始めたら

つむじの割れは髪の毛がたくさんある時はそれほど気になりませんが、薄毛になってきた途端目立ち始める人も多いでしょう。

人にもよりますが正面から鏡を見ても気が付きにくいため、なかなか自分ではわかりにくい場合もあります。

また人から言われたり、ふと鏡を見て気が付いたりすると余計にショックも大きくなってしまうのかもしれません。

つむじ部分が薄くなってくると、そこを中心にしてどんどん症状も悪化していきますので早めに対処するのが理想的です。

できれば地肌が見え始める前の段階で何とか食い止められるといいでしょう。

つむじのあたりのボリュームがなくなってくると割れ目なども目立ってきますので、普段から気を付けておくといいでしょう。

少し割れ目が目立つなと思ったら対策などを考え始めたほうが良いでしょう。

2.ボリュームがなくなると割れ目が目立つ

人によってつむじもいろいろですが、日本人の場合は左側に多く、それを中心にしてグルグルと広がっていくのが一般的です。

キレイに円を描くように広がっていますので、それにそって髪の毛がある場合は見栄えなどもいいのではないでしょうか。

何もしなくても髪の毛がそろって流れてくれる状態です。

またつむじについてはその人の髪の毛の生え癖なども影響しているでしょう。

特に中心部分はその癖も強くでていることが多いかもしれません。

台風の目のような状態で中心がありますが、健康な髪がたくさんある場合は特に目立つことはないでしょう。

ただ髪の毛の量が減ってきたり、コシがなくなってくるとどうしてもボリュームがなくなってしまいます。

そうなると今まで隠れていたつむじの中心や割れ目が目立つようになってきますので、やはり悩んでしまう人もでてくるでしょう。

3.流れに逆らってドライヤーをあてる

つむじの割れなどを目立たなくさせるには、いくつかの方法があります。

例えば普段のドライヤーの使い方などに気を付けてみるのもいいでしょう。

普通に乾かすときは髪の毛の流れにそって行いますが、つむじの割れを目立たなくさせたいなら流れに逆らってドライヤーをあてるようにしましょう。

自分のつむじの流れなどをよく確認し、それと逆になるように風をあてていきます。

風で髪の毛が流れ過ぎる場合は手ぐしを使うとやりやすいでしょう。

指で髪をはさみながら逆方向にドアライヤーをあてていくといいでしょう。

4.スタイリングで目立たなくする

つむじの割れを目立たなくするためにスタイリングにこだわるという方法もあります。

今はホールド力の高いワックスやスタイリング剤もたくさんありますので、そういったものを使ってみるのもいいでしょう。

この場合はあらかじめドライヤーなどでつむじと逆方向に癖をつけておくとやりやすいかもしれません。

その上でスタイリング剤を使い、さらに固定すればかなりつむじのあたりを目立たなくすることができるのではないでしょうか。

手のひらや指を使って細かい部分まで整えられるため、割と自由に形付けることができそうです。

つむじの癖などももちろんありますが、毎日そうやって繰り返していれば次第に髪の毛も落ち着いてくるでしょう。

最初は髪の流れに逆らうためやりにくいと感じるかもしれませんが、慣れると手際もよくなってくるかもしれません。

5.パーマでボリュームアップ

つむじを隠す方法としてパーマをあてるというやり方もあります。

こうした部分はどうしても癖が強いため、なかなか自分一人では改善できない事もあるでしょう。

パーマだとかなりしっかりと流れをかえてくれますし、うねりが出る分、髪の毛のボリュームもアップしそうです。

つむじを目立たなくさせたいなら、流れとは逆向きになるようにパーマをあててもらいましょう。

その旨伝えておけば、きちんとやってくれるはずです。

ただパーマの場合はどうしても髪や頭皮に負担がかかってしまいますので、その点は少し心配かもしれません。

その時はしっかりと隠せるかもしれませんが、薄毛対策という点では少し無理があります。

できるだけ頭皮や髪に負担はかけたくありませんので、パーマをあてる際はよく考えてからするようにしましょう。

まずはできる範囲で負担の少ない方法から始めてみると良いでしょう。

負担の少ない方法でつむじ割れをカバーしよう

つむじの割れは普段は目立ちませんが、髪の量やコシがなくなることで徐々に気になり始めるでしょう。

薄毛をこれ以上悪化させないためにも、負担の少ないドライヤーやスタイリング剤などでうまくカバーするのが理想的ですが、つむじの流れに逆らって行う事がポイントです。

また癖が強い場合はパーマなども一つの方法でしょう。

つむじ割れの原因と改善する方法に関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)