頭皮に潤いを与えよう!シャンプーからシャワーの仕方まで潤いを保つ方法

乾燥した頭皮は、痒み、フケ、頭皮ニキビといった頭皮トラブルの他に、抜け毛や薄毛の進行にも繋がります。

これらの問題を解決する為にも、5つの頭皮を潤す効果的な方法をご紹介します。

1.シャンプーは夜の1回だけ

朝起きた時にシャワー、家に帰ってきてからもまたシャワーと、1日に何度も髪を洗っていては、必要な頭皮の皮脂まで洗い流してしまう恐れがあります。

いくら頭をスッキリさせたいからといっても、洗い過ぎはよくありません。

シャンプーは出来る事なら、夜眠る前の1日1回のみにしておきましょう。

朝にシャンプーをする事は、皮脂で守られていない髪や頭皮は、日中の紫外線の影響を受けやすくなってしまうので、オススメできません。

仕事やお出かけで疲れて家へ帰ってきた際に、お風呂へ入るのは余計に疲れてしまう、朝でいいやと思うかもしれません。

それでも、こうした小さな事の積み重ねから、頭皮を乾燥から予防する事が出来るのです。

夜勤明けで朝に家に帰ってきた、といった生活習慣を送る方の場合ですと、朝にシャンプーをしても、その後もしも出かけるならば紫外線予防をしましょう。

通気性のよい帽子をかぶっておくだけでも、かなり違いますよ。

2.シャワーの温度は人肌より少し低い程度

髪を洗う時に、あなたはシャワーの温度を、どの程度に設定していますか?もしも40℃前後の高温度の場合は、それが必要な皮脂を落としてしまう原因になっています。

40℃前後で浴槽に湯を張って、上がった時に二の腕や太ももがちょっと痒い、なんて感じた事はないでしょうか。

皮膚の弱い部分が高温度のお湯によって皮脂が落とされ痒くなるように、頭皮にも良くないのです。

人肌の37~36℃、それよりちょっとだけ低い35℃で設定できるのであれば、是非ぬるま湯程度で髪を洗うようにしましょう。

もしも37℃以下の設定が出来ない場合は、湯で洗った後に、冷水シャワーを浴びると良いでしょう。

3.シャンプーは肌に合う物を使う

良い香りでサラサラの髪触りになるシャンプー、もしくは頭皮の毛穴汚れを根こそぎ落とすスッキリタイプのシャンプーと、色々な種類がありますよね。

しかし、頭皮が乾燥しやすい方には、こうしたシャンプーの成分が合っておらず、そのせいで余計に乾燥が進んでしまっている事があります。

オススメの頭皮を潤してくれるシャンプーは、オクトシャンプーやオルジェノアリッチリペアシャンプー、コタアイケアシャンプーYといった商品です。

まずオクトシャンプーですが、こちらはアトピー性の悩みを持つ方でも安心して使用できる程、地肌にも毛穴にも優しい成分が使われています。

そして次にオルジェノアリッチリペアシャンプー、これはアミノ酸成分配合で、ドライヤーで髪を乾かす際も、その熱からキューティクルをしっかり保護します。

最後にコタアイケアシャンプーYですが、こちらはトウキンセンカエキスやモモ葉エキスといった保湿成分配合で、ガサガサ髪も乾燥頭皮も潤います。

こういった、髪にも頭皮にも優しい、そして潤いバッチリのシャンプーは沢山あります。

もしもシャンプーを買い替えたいけれど何にすればいいか解らないという方は、是非こういった商品を参考にしてみて下さい。

そして、成分表に「アルコールエタノール」といった成分が含まれていると、その商品は乾燥肌に良くありません。

アルコールエタノールフリーを選ぶようにして下さいね。

4.爪を立てずに毛穴から汚れを押し出すように洗う

頭を洗う時は、どういった方法で洗っていますか?ガシガシと力任せに洗っていては、頭皮にも髪にもよくありません。

それに、そういった洗い方では毛穴に潜んでいる嫌な毛穴汚れや余分な皮脂は落ちてくれないのです。

まずは浴槽に湯を張ったら、十分に体を温めましょう。

そしてある程度汗をかいてくれば、シャワーで優しく髪や頭皮についた汗を流します。

それからシャンプーを手の平に1~2プッシュ分取って、石鹸を泡立てるように、出来るならふわふわした泡を作りましょう。

原液のまま頭皮へつけてしまうと、弱っている頭皮には強すぎる為です。

後は爪を立てずに、指の腹で前、後ろ、左右と頭の毛穴に入り込んでいる汚れや要らない皮脂を、にゅるっと押し出すようなイメージで揉み込みます。

適度な力を入れて揉み込んでいくと、頭や顔の凝りも解れてくれるのです。

これは、シャンプーの時だけではなく、湯に浸かっている時もやってみると効果的ですよ。

そうしたら後は流すだけですが、シャワーの水圧はあまり強くせず、念入りにシャンプーの泡を落としましょう。

前髪や耳の後ろ、襟足の所なんかは、特に洗い残しをしやすいのでご注意下さい。

5.頭皮用のローションで保湿する

髪を洗って乾かした後、頭皮用のローションで、顔と同じように頭皮も保湿しておきましょう。

例えばキュレルの頭皮保湿ローション、大島椿の頭皮のためのオイルといった商品があります。

こうした保湿ローションをつけておくだけでも、かなり頭皮の状態が違ってくるのです。

シャンプーや食生活、禁煙や禁酒、そういった方法で上手くいかない場合は、保湿ローションを使って減ってしまった皮脂を補いましょう。

頭皮に潤いをもたせよう

こういった方法はまずはやってみる事が一番です、すぐにでも、今日からでも是非試してみましょう。

そして毎日続けていく内に、きっとあなたの乾燥していた頭皮に、潤いが与えられる事でしょう。

今までフケや痒みといった悩み、抜け毛や薄毛の原因が解らなかった方に、とても効果的な方法です。

頭皮に潤いを与えよう!シャンプーからシャワーの仕方まで潤いを保つ方法に関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)