頭皮が剥けてしまう原因と対処法。日焼けやドライヤーに注意しよう

頭皮が痒い訳でもないのにフケのような物が髪の毛についている場合、それは頭皮が剥けてしまっている事が原因だと考えられます。

どうして頭皮が剥けるのか、一体何が要因となっているのかをまとめました、是非ご自身の今の状況と照らし合わせてみて下さいね。

1.日焼けをしている

肌が紫外線に当たり日焼けをして表面の薄皮がめくれてしまうように、頭皮も日焼けをする事があります。

真夏に長時間、炎天下の中で歩いていたり、マリンスポーツをしている最中なんかは、特に頭皮も日焼けをしやすくなってしまいます。

晴れている日以外にも曇りの日も紫外線はありますから、外出時にはなるべく帽子をかぶるといった紫外線対策をしましょう。

オススメはヘア用のUVカットスプレーです。

ドラッグストア等でも購入する事が出来ますし、出かける前なんかにシュッと頭にふりかけるだけで紫外線から守れますよ。

2.刺激の強いシャンプーを使っている

頭皮はとても弱いので、ちょっと爪で引っ掻いただけ、少し皮脂が多く出てしまっただけでも、すぐに頭皮が荒れてしまいます。

その為、合成界面活性剤入りや強い洗浄力殺菌力のあるシャンプーやコンディショナー等を使っていると、頭皮が刺激を受けて炎症を起こしている事が考えられます。

育毛剤も効能が強い物はその分頭皮にも負担がかかりやすいと考えられますので、何か異変を感じたらすぐに使用を中断しましょう。

一番良いのは、頭皮への刺激が少ないアルコールフリーのアミノ酸シャンプーです。

アルコールは皮脂や雑菌の洗浄、殺菌力が高いですが、しかしやはり頭皮にとっては強すぎる成分です。

洗浄、殺菌する事は頭皮の清潔感を守る上でとても大切ですが、頭皮が剥けないように刺激は少なめにしておく方がいいでしょう。

3.頭を強く擦りすぎている

頭を洗う時に、ワックスや汚れをよく落とそうとして、ごしごし強めに擦っていませんか?そうした摩擦のせいで、頭皮が弱って剥けてしまう事も考えられます。

頭を洗うには、擦らずに揉む、これが大切です。

まず半身浴をして汗をかいておき、毛穴を開かせましょう。

そうしてシャンプーを手の平にとって泡立ててから、髪の毛や頭皮を優しく程よい力で揉んでいきます。

毛穴を絞って汚れを出す、これをイメージしながら揉み洗いして、泡を落とす時も擦らずに流しましょう。

こうして摩擦を起こさない事が、髪にとっても頭皮にとっても良いでしょう。

4.シャワーやドライヤーの熱で乾燥している

熱いシャワーで髪の毛を洗っている、よく髪の毛を乾かそうとしてドライヤーの温風を長時間髪や頭皮に当てている、これは大変危険です。

人肌の36℃よりも高い温度のお湯は、頭皮にとっても必要な皮脂、潤いを奪ってしまいます。

そしてしっかり髪を乾かす事は大事ですが、温風を当てすぎても頭皮は乾燥状態になってしまいます。

シャワーは36℃、もしくはその温度設定がなければお湯→水→お湯といったように、時折冷水で頭皮を冷やしつつ髪を洗うようにしましょう。

そしてドライヤーですが、まずは濡れた髪の水気をタオルで拭き取ったら、水分を含んだタオルを頭にかけておきます。

そのタオル越しに頭から拳1つ分離した場所からドライヤーの温風をかける事で、髪や頭皮を乾燥から守りつつ、乾かす事が出来るのです。

ある程度髪が乾いたらタオルをとって、根元が渇いていなければ少し離した所から冷風で乾かしましょう。

乾かした後に、髪がパサついているようならば、頭皮用の保湿化粧水をつけておくといいですよ。

5.脂漏性皮膚炎

皮脂腺が多く、皮脂が過剰に出てしまっている人に考えられるのが、脂漏性皮膚炎です。

これは生活週間や食生活からもなりやすいのですが、皮脂を餌とするマラセチア菌が繁殖している事も考えられるのです。

その場合、市販の薬品を使うよりも皮膚科で診断をしてもらった方が、早くキレイに治ります。

例えば髪がぬめっている、触るとワックスもつけていないのに湿っているとか、頭皮が脂っぽいといった場合は要注意です。

皮膚科でどういった状況なのかを診察してもらい、場合によっては医療用のシャンプーや、塗り薬も処方してもらえます。

市販の商品を使うと余計に酷くなってしまう事もありますので、ここは医師に相談して治療しましょう。

6.ターンオーバーが滞っている

肌がターンオーバーするのと同様、頭皮もそうして古い皮膚から新しい皮膚へと生まれ変わっています。

しかし、例えば慢性的に睡眠不足であったり、食生活が疎かになっている場合に、頭皮のターンオーバーが滞っているといった事が考えられるのです。

過度なダイエットや食事制限もいけません、毎日しっかりと栄養素を吸収しましょう。

ターンオーバーを即すのにオススメな食材は、大豆魚といったたんぱく質、緑黄色野菜、赤身の牛肉や鶏肉等の肉類です。

また納豆もオススメです、こういった健康的な食事を摂る事で、体の内側からターンオーバーが正常化します。

頭皮は刺激を受けやすいので注意する

頭皮は普段髪で守られていると思いきや、意外と刺激を受けやすい個所でもあります。

紫外線に晒さない、擦らない、熱いお湯や風を当てすぎない等を気を付けるだけでも、頭皮が剥けてしまう事を防げますよ。

頭皮に優しく、低刺激な商品で洗浄していく事で、毛根もしっかりと育ち健康的な髪の毛になるでしょう。

頭皮が剥けてしまう原因と対処法。日焼けやドライヤーに注意しように関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)