頭皮にできる水虫の原因とは。しらくもに感染する理由を知ろう

水虫と聞くと、足の裏や指を思い浮かべる人が多いでしょう。

でも頭皮にも水虫はできます。この水虫は「しらくも」と呼ばれています。

ではいったいしらくもは、どのような原因で起こるのでしょうか。

ここで紹介していきます。

1.運動で汗をかきすぎるとかかりやすい

頭皮の水虫と言われるしらくもの原因は「白癬菌」と呼ばれるものです。

これは真菌の一種で俗にいうカビです。

白癬菌は湿気を好むので、汗をかきすぎてそのままの状態が続くと、しらくもにかかりやすくなってしまいます。

夏場外に出て遊ぶことが多い子供や、部活動で長時間運動している人に多く見られます。

遊びに夢中になっている時や運動をしている時は、なかなか休憩をとらないことが多いでしょう。

でも休憩できる時に、こまめに汗をふき取るだけでも違います。

またタオルは清潔なものを使用しましょう。

気になる方はタオルを何枚か持参するのも良いでしょう。

2.通気性の悪い帽子を長時間かぶる

春から夏にかけて、帽子をかぶる機会は増えていきます。

紫外線の多くなる季節なので、帽子をかぶることでその予防効果は高いです。

でもその反面、長時間かぶり続けると、汗をかきやすくなり、むれてしまうこともあります。

そのためしらくもを引き起こす原因となってしまいます。

紫外線対策に帽子をかぶることは良いですが、できるだけ通気性のあるものを選びましょう。

種類によっては一部分がメッシュになっている帽子もあります。

また通気性が良く、水分の吸収に優れている、綿や麻の素材を使った帽子を選ぶのも良いでしょう。

時々帽子をとって、通気性をよくするようにしましょう。

スポーツを観戦する時などは、帽子の代わりにタオルで髪を覆った方がむれません。

3.ペットから感染する

しらくもはペットから感染することもあります。

飼育しているペットが白癬菌を持っていると、ペットを触った手から感染します。

無意識に触ってしまった頭皮へ、気が付かないうちに感染していたというケースも見られます。

ペットをかわいがっているなら時々触ってあげたり、抱っこをしてあげることもあるでしょう。

でもペットに触れた後は、必ず石鹸でキレイに手を洗いましょう。

手洗いをするだけでも、清潔を保持できて感染を予防することができます。

爪や手首などは洗い残しが多い部分なので、しっかりと汚れを落とすように心掛けましょう。

4.人から人へも感染する

白癬菌が感染するのは、ペットから人だけではありません。

人から人にも感染します。

病気をしたり、栄養状態が悪いと抵抗力が低下して、感染しやすい状態になります。

よって病院や高齢者施設などの感染が多く見られます。

白癬菌を保有している患者さんや利用者さんと接触したり、寝具や帽子をつたって感染することもあります。

また子供では遊んだ者同士で、感染することもあります。

病棟では隔離を行うケースもありますが、家庭でもタオルやまくらを使いまわすのはやめて、別々の物を使用しましょう。

また洗濯をこまめにするようにして、原因菌を残さないようにします。

感染は自分自身で守っていくことも大切です。

5.洗髪をあまり行わないことが原因

頭皮や髪の毛を不潔にしていると、原因菌の絶好の温床になります。

よってお風呂が嫌いであまり入らなかったり、汚れていても面倒くさくなって洗髪しないことが多いと、しらくもにかかりやすくなります。

毎日洗髪をして汚れをしっかり洗い落とすことで、清潔保持につながり白癬菌感染の予防になります。

その際ゴシゴシこするのではなく、優しく丁寧に汚れを落とすようにしましょう。

またすでに感染してしまった人には、抗真菌作用のあるシャンプーもあります。

効果もあると言われているので、受診している医師と相談して用法を守って使用しましょう。

6.ヘアスタイリング剤の使い過ぎ

ヘアスタイリング剤の使い過ぎは、しらくもの原因になります。

ヘアスタイリング剤は油分を多く含むため、使いすぎると髪がべとべとした状態が続き、頭皮が不潔になりやすくなります。

その結果、しらくもにかかってしまうリスクが高まってしまいます。

できればしらくもを予防するために、ヘアスタイリング剤をつけないのがベストですが、身だしなみを整えるためにも、なかなかそうはいきません。

ヘアスタイリング剤を使用する時は、髪や頭皮を清潔にした状態で使用しましょう。

髪や頭皮を不潔の状態で使用すると、さらにリスクを高めてしまいます。

また使用する時は、決してつけすぎないようにしましょう。

頭皮が水虫になる原因の知識を深めよう

頭皮が水虫になってしまうと、かゆみやフケが強くなったり、脱毛の原因にもなります。

なかなか人に相談することもできないでしょう。

よって頭皮が水虫になる原因の知識を深めて、予防をしていくことが重要です。

また気になる症状が見られたら躊躇せずに、早めに皮膚科に受診しましょう。

重症化する前に早めに治療をすることが大切です。

頭皮にできる水虫の原因とは。しらくもに感染する理由を知ろうに関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)