頭皮に化粧水を使う方法。化粧水で頭皮を潤そう

この頃は、頭皮専用の化粧水も販売されています。

化粧水を頭皮へ使う事で頭皮や髪が潤い、そして髪にとっても良い栄養素を含んでいる物の場合は、薄毛抜け毛防止も出来るのです。

そこで、一体どのように頭皮へ化粧水を使えばいいのかご紹介します。

1.髪を洗った後に使用する事

頭皮へ化粧水を使うタイミングですが、なるべく髪や頭皮や清潔な状態である、洗髪後に行いましょう。

もしも汗をかいていたりヘアスタイリング剤が髪についている状態だったりと、髪や頭皮や不衛生な状態で使うと、余計に毛穴が荒れる可能性があるからです。

お風呂から上がった時や洗顔後に肌へ化粧水をつけるように、頭皮へもそういったタイミングで使う事こそ、より頭皮に栄養や水分がいき届きやすいのです。

髪が濡れたままでは折角の化粧水も流れ落ちてしまうので、ドライヤーである程度髪を乾かしてから使うと、更に頭皮が潤いを保ちやすくなります。

2.少し温めて使う事

冷蔵庫で冷やして使うとお風呂上りの頭皮にすーっと染み込んで、とても気持ちいいと思います。

しかし体の冷えがむくみの要因になるように、頭皮が冷えてしまう事はあまり良くありません。

頭皮にも血管が通っていますし、それらの血管は髪や頭皮へ大事な栄養素や酸素、血を送っています。

そこへ冷たい化粧水を使って頭皮を冷やし過ぎてしまうと、血行不良になってしまいます。

血行不良になった頭皮は首や肩、腰のように凝りが発生してしまい、頭皮も硬くなりやすいのですね。

そうすると髪が弱くなってしまうので、化粧水は耐熱容器に使う分を入れ、電子レンジで10~20秒人肌に温めて使いましょう。

3.地肌や髪質にあう商品を使う事

皮脂分泌の多い方は保湿化粧水を使うと余計にベタベタ頭皮になってしまいます。

乾燥頭皮の方だと、アルコールやエタノールといった殺菌成分の強い化粧水では、頭皮がもっと乾燥してフケや痒みが出る事もあります。

地肌や髪質の状態は季節によって変わる人もいますし、体調によっては皮脂が多くなったり乾燥する事もあります。

ですから、その時々の自身の地肌や髪質に適した化粧水を使用するようにしましょう。

化粧水を買う時には成分表を確認しておく事、そしてアルコール、エタノールフリーといった物を使うと良いでしょう。

皮脂分泌の多い方には、さっぱりタイプの物をオススメします。

4.顔用ではなく必ず頭皮用を使う事

顔には顔の、頭皮には頭皮用の化粧水と、部位によって使う化粧水を分けましょう。

これは、顔と頭皮で同じ化粧水を使ってしまうと、場合によっては頭皮が過剰に荒れてしまう恐れがある為です。

頭皮用の化粧水はネットでも、店頭でも購入する事が出来ますし、パッケージには必ず「頭皮用」と記載されています。

それに頭皮用の化粧水には、例えば育毛効果や美髪効果、ダメージヘアの回復効果等があります。

頭皮の荒れを防ぐだけではなくこういった髪や頭皮に良い効果を持つ化粧水を使用する事で、薄毛や抜け毛を予防する事が出来るのです。

すこやか地肌やhairrayヘアーエッセンスといった商品がオススメです、是非健康的な頭皮になりましょう。

5.紫外線を浴びた時こそ頭皮用化粧水を使う事

ある程度の太陽の光は体内時計を正常化したり、体の調子を整える為にもいいものです。

しかし紫外線をたっぷり浴びてしまった頭皮や髪は、キューティクルが衰え艶が無くなるだけではありません。

頭皮や髪が傷んでしまうので、それが原因で頭皮が荒れる事になります。

荒れた頭皮はなかなか元へ戻すのが大変ですし、キューティクルを取り戻す為には新しい髪を生やさなければなりません。

紫外線を浴びて日焼けしたように頭皮が熱を持っている、髪がパサついてしまったといった時こそ、ダメージ回復の為に化粧水を使いましょう。

夏ですと、特にマリンスポーツをする機会が多いでしょう。

潮風を浴びるだけでも髪はパサつきやすくなりますし、他にもヘアスタイリング剤を使ったり髪が傷んだと思った時に使うと効果的です。

6.クリームタイプよりも液体タイプがgood

頭皮用の化粧水といっても、そのテクスチャーは様々です。

例えばクリームのようにもっちりしたテクスチャーだったり、保湿成分が多いのでとろみのある物、本当にさらっとしている物等があります。

オススメは、さらっとしているタイプのテクスチャーです。

まず皮脂やフケ、汗といった物質が出やすい頭皮に、クリームタイプやとろみのあるタイプを使うと、余計に毛穴へ詰まる事があるからです。

霧吹きの中に入れてシュッと頭皮へ吹きかけて使えるような、さらっとした物を使うといいでしょう。

正し、さらっとしたタイプの化粧水は乾燥しやすい頭皮を持つ人には潤いが足りない場合があるので、もしも乾燥が治まらない場合は商品を変えてみましょう。

頭皮用の化粧水を使う事で今より美しい髪になろう

美しい髪、健康的で抜けにくい髪を保つには、頭皮の状態が良い事が絶対条件です。

頭皮に良い栄養素を与える事で、今より更に美しく、そして正常な頭皮の状態、しっかりしたコシのある髪が手に入るでしょう。

今、フケや痒み、臭いに悩んでいる人も頭皮用の化粧水を使う事で、それらの問題を解決出来ます。

頭皮に化粧水を使う方法。化粧水で頭皮を潤そうに関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)