頭皮にできものがある時の原因。繰り返しできる理由と対処法を知ろう

頭皮を触った時にニキビのような硬い突起物がある、髪をかき分けて鏡で見ると赤く膨れている、といった事はありませんか?

何故そんな風に頭皮にできものが出来てしまったのか、そしてその対処法をご紹介します。

今、頭皮のできものでお困りの方、頭皮に繰り返しできものが出来てしまう方はぜひご覧ください。

1.睡眠時間がバラバラ、昼夜逆転

忙しくて眠る時間がないのでいつも2~3時間しか寝ていない、10時間寝る時もあれば徹夜する時もあるといったように、睡眠時間が不安定ではありませんか?もしくは深夜3時4時と夜遅くに眠り、起きるのは昼~夕方と昼夜逆転の生活をしていませんでしょうか。

1日起きていて翌日たっぷり寝るといったような、徹夜もよくありません。

こうした睡眠時間がバラバラであったり、昼夜逆転の生活を続けていると、体の機能もガクンと衰えやすくなってしまいます。

そうすると皮脂が過剰分泌してしまい毛穴に詰まる、毛穴が炎症してニキビが出来るという訳です。

これを解決するには、やはり何といっても寝るべき時間に眠り、起きるべき時間に起きるという生活です。

遅くても夜0時までには眠り、7時頃に目覚めるのがベストですね。

眠れない場合はカモミールティーを1杯、人肌に温めた物を飲むとか、ホットミルクに蜂蜜を入れて飲むとリラックスできますよ。

夜勤の仕事をしている方は難しいとは思いますが、朝の太陽光を少しでも浴びて、体内時計を正常化して下さい。

2.食生活が乱れており栄養が不足している

脂質の多い食事ばかりを続けている、お菓子を毎日沢山食べる、お酒が好きで頻繁に飲むといった事も、頭皮にできものが出来やすくなります。

好きな物を食べるのは心にとって良い事ですが、体にとってはそれだけではあまり良くありません。

脂質の多い食事を摂る際は頻度を控えたり、一緒に野菜を食べるようにしましょう。

そしてお菓子やお酒も皮脂が過剰分泌する要因になりますから、少し控えるようにするといいでしょう。

オススメは、納豆です。

この納豆には血液をサラサラにしてくれる効果が期待できるので、出来れば毎日食べましょう。

それから青魚であるアジやサバ、イワシやカツオもいいですよ。

薄味で塩分糖分脂控えめ、食物繊維多めの食事を摂る事で、頭皮にも栄養素がいき渡りターンオーバーが即されます。

勿論ダイエットもやり過ぎは禁物なので、ちゃんと食べて痩せましょう。

3.シャンプーやスタイリング剤が炎症の原因

シャンプー等の整髪剤、ワックス等のスタイリング剤が頭皮に合っていないせいで、炎症を起こしているのかもしれません。

髪を洗っていて、またはお風呂上りに頭皮が突っ張るような気がした事はありませんか?頭皮が痒い、髪がパサつく、フケが出るといった場合も悪化すれば頭皮にできものが出来てしまいます。

シャンプーは頭皮ケア効果のあるスカルプDシリーズやポッシュヘアケアシャンプー、オーガニックシャンプーハーブガーデン等がオススメです。

こういったシャンプーは頭皮が乾燥しやすい方、フケや痒みが出やすい方向けに開発されているので、他のシャンプーよりもケア効果が高いのです。

そしてスタイリング剤をよく使用している場合、汗をかいた時にワックス等が頭皮に付着して毛穴に入ってしまい、炎症を起こしているのでしょう。

その場合は頭皮ニキビが治るまでスタイリング剤を使用しないか、スタイリング剤は髪がべた付く位多く使用しないよう気を付けましょう。

勿論パーマ液やカラーリング剤も、頭皮が荒れる原因になる場合もあります。

4.血行不良である

長時間髪を縛っている、サイズの小さい帽子をかぶっているといった事はありませんか?他にも、ずっと同じ姿勢で仕事をしている、本やネットをしている時に休憩を取らないでいると、肩や首が凝ってしまいますよね。

こうした事から頭皮の血行不良を引き起こし、それができものの要因となってしまいます。

仕事によっては長い髪をまとめておかなければならないでしょう、しかし時々髪を解いて、指で首の後ろや頭皮を揉みましょう。

帽子もあまりサイズピッタリな物をかぶっていると、頭皮の血行不良の原因となりますので、時々脱ぐようにして下さいね。

それから首や肩の凝りも頭皮へ上手く血が巡らない事になりかねませんから、時々休憩して首や頭を揉んだり、首をぐるっと回して凝りを解して下さい。

オススメは頭皮のマッサージ器具である、モミダッシュです。

これは凄く頭皮に優しく、そして頭の凝りも解れるので使い心地がとってもいいですよ。

5.頭皮のできものを気になって触ってしまう

何だかよく見えない場所にできものがあると、ついつい触ってしまいますよね。

でもそうやって外部からの衝撃を与える事で、更に頭皮のできものが酷くなってしまいます。

膿んだり潰れたりすると余計に治りが遅くなってしまいますから、なるべく頭皮のできものは触らないようにしましょう。

例えば市販で手に入る頭皮のできもの用の薬として、ルプアクアがあります。

これはスプレータイプでシュッと患部に吹きかけるだけで、痒みや炎症を抑えてくれますよ。

もしも時間があるなら、皮膚科へいくのも1つの手段です。

皮膚科で治療薬を処方してもらうと、よりキレイに治す事が出来ます。

6.紫外線で炎症を起こしている

紫外線は肌にシミを作る他に、髪をパサパサにしてしまったり、頭皮に炎症を起こす原因にもなる恐ろしいものです。

日陰のない所を歩く場合は通気性のよい麦わら素材の帽子をかぶって頭皮を保護するとか、日傘をさして歩くといいですよ。

もしくは、海藻UVスプレーという頭皮や髪の紫外線カットスプレーがあります。

他にもアデノバイタルルートスプレーという商品もあり、これらは頭皮の日焼けを予防してくれます。

帽子をかぶるのが苦手、髪型が崩れるのが嫌、帽子をかぶっていても心もとないという場合はこういった物を使う事を是非オススメします。

頭皮を守る事ができものを予防する事に

健康的な食事、睡眠時間、紫外線予防等、肌にとって良い事が頭皮にとっても良い事に繋がります。

つまり、顔の肌と同じように荒れやすい頭皮を、念入りにケアしてあげる事でできものも出来にくくなります。

なかなか難しいとは思いますが、是非1つでも試してみて下さい。

きっと今までよりも、清潔で炎症のない健康的な頭皮へと生まれ変われる事でしょう。

頭皮にできものがある時の原因。繰り返しできる理由と対処法を知ろうに関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)