頭皮の油臭さの原因と解消する方法

毎日しっかり洗髪しているつもりでも、案外臭いは取れない事が多く、頭皮が油臭い事で悩んでしまう人もいるでしょう。

そういった人の為に、どうして頭皮からそんな臭いがするのか、どうすればそれを抑える事が出来るのかをご紹介します。

1.皮脂腺が多く皮脂が常に出ている

顔にはTゾーンと呼ばれる、皮脂の出やすい、つまりテカりやすい部分があります。

頭皮はそのTゾーンよりも更に2倍もの皮脂線が存在すると言われており、その為非常に皮脂の出やすい部分です。

この皮脂腺が人よりも多い場合は、どうしても頭皮もオイリーになってしまいます。

頭皮が何だか油臭い、という時は、皮脂腺が人よりも多いかオイリーになっているのでしょう。

人よりも多い皮脂腺を減らす事は出来ませんが、オイリー状態を抑える事なら出来ます。

例えば食生活ですが、脂質の多い食べ物、アルコールといった物ばかり摂取していませんか?スナック菓子も食べ過ぎれば肌が荒れるように、頭皮も皮脂が出てしまいやすくなります。

そこで野菜や鶏肉、大豆製品に海藻類といった低カロリーで低脂質な食べ物を摂る事で、体内環境から改善しましょう。

2.何度もシャンプーしているシャンプーが合っていない

ヘアワックスを使ったから、何だか頭皮の臭いやべたべた感が気になるから、だから強い洗浄力のシャンプーを使うという人は危険です。

もしくは汚れを落とそうと何度も洗ってしまうのも、実はよくありません。

こうした頭皮へ刺激を与える、もしくは乾燥状態にさせてしまう行為は、頭皮の潤いをなくしてしまう結果に繋がるのです。

頭皮の潤いがなくなると、乾燥状態になります。

すると頭皮は「乾燥しているから潤さなければ」と、皮脂を分泌します。

そうした事から、前よりもっと皮脂を出して前よりも潤そうとするせいで、皮脂の過剰分泌が起きるのですね。

皮脂が過剰に出てしまっているせいで、頭皮は油臭くなるという訳です。

ですからアミノ酸シャンプー、オーガニックシャンプーを使う、シャンプーは何度もしないというように気を付けましょう。

3.シャンプーの泡や皮脂をちゃんと洗い流していない

洗いすぎもいけませんが、洗わなさすぎも駄目です。

1日外へ出なくても、皮脂は分泌されています。

1日お風呂に入らないと、頭皮の状態は悪化して、皮脂が溜まってしまいます。

毎日お風呂に入って頭を洗っていても、適当にがしがし洗っているようでは、皮脂や汚れは落ちません。

それにシャンプーをつけている時間よりもその泡を落とす方に時間をかけないと、頭皮はいつまで経っても汚れたままです。

まずは湯船に浸かって、じんわりと頭皮にも汗をかくようにしましょう。

そうすると頭皮の毛穴が柔らかくなるので、人肌の湯で揉み洗いして流します。

次にコンディショナーを先に髪へつけてしっかり洗い流し、それからシャンプーで頭皮や髪の毛を洗います。

洗い流す時は泡がしっかり落ちるまで、尚且つゴシゴシ擦らずに指の腹で優しく揉み洗いです。

こうして毎日丁寧に頭皮と髪を洗う事によって、嫌な頭皮の臭いも洗浄されていきます。

4.睡眠不足やストレス

徹夜や睡眠不足、ストレスといった事でも、頭皮は皮脂を分泌する事があります。

ぬるぬるした頭皮、そんな頭皮からは油のような変な臭いがしてしまいます。

徹夜は勿論、夜中遅くに寝ないように、毎日規則正しい睡眠時間を摂りましょう。

寝ないのも寝すぎるのもいけませんが、人によって熟睡時間は違います。

自分の一番熟睡できる時間を探して、毎日それだけはしっかり摂るようにしましょう。

そしてストレスですが、趣味だとか、スポーツなんかで発散するといいですよ。

特に汗をかくスポーツは、気分転換になりストレスも発散できる上に、汗で老廃物を出して臭いを軽減する効果もあります。

サイクリング、ジョギング、ウォーキング等何でもいいので、是非初めてみて下さいね。

5.紫外線を浴びてダメージを受けている

頭皮は本当に脆く、とてもダメージを受けやすい部分です。

そんな所に、例えばとてもいい天気の日に帽子をかぶらず外出すると、頭皮に紫外線が当たり、ダメージを負ってしまいます。

紫外線は髪をパサパサにしてキューティクルをなくしてしまいます。

そうなった頭皮は更に弱ってしまい、角質が剥がれてしまう恐れもあります。

角質が剥がれるとそこへ皮脂が付着して、余計に頭皮状態が悪化してしまうのですね。

そんな事になった頭皮は皮脂が過剰に出やすくなり、余計に悪臭を出してしまいます。

そうならない為にも、日傘やUVカット、帽子は必須です。

特に5月~9月にかけては最も紫外線が強い時期なので、要注意です。

6.長時間帽子をかぶる等もいけない

紫外線対策に帽子をかぶっていても、それが長時間ではいけません。

帽子と髪で頭皮が蒸れやすくなって、余計に頭皮が荒れやすい、臭いを発しやすい環境になってしまいます。

帽子をかぶるなら時々脱いで風通しをよくしましょう。

女性の場合は、髪をよくくくっている人もご注意下さい。

髪をまとめているとその部分が熱がこもりやすくなるので、皮脂も分泌されやすくなります。

時々髪を解いてみる事も大切ですし、出来る事ならくくらないでいる方がいいでしょう。

どうしても髪をくくる場合はせめて、2時間に1度は髪を解いて頭皮を揉んでみて下さい。

凝りもとれて楽になりますよ。

健康こそが頭皮の油臭さを撃退する

油臭い頭皮は、意外にも周りの人に気づかれやすいものです。

毎日清潔に、食生活や睡眠にも気を付け、ストレスを溜めない生活を送りましょう。

とは言っても流石にこれらすべてを行うのは大変でしょうから、せめて思い当たる事が1つでもあれば、それらを改善しましょう。

小さな事からコツコツと改善する事で、頭皮の臭いも気にならなくなります。

頭皮の油臭さの原因と解消する方法に関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)