プロペシアに期待できる効果とは。AGA治療薬の入手方法や注意点など

プロペシアは男性型脱毛症、いわゆるAGAの治療に有効とされる医薬品です。

世界的に有名なAGA治療薬で、日本ではMSD株式会社によるプロペシアが正規品扱いとなっています。

プロペシアの主成分はフィナステリドとなっており、0.2mgと1.0mgと2つの錠剤があります。

口から飲んで使用する内服薬となっています。

今回はそんなプロペシアの効果や入手方法などについてご紹介します。

1.プロペシアの効果は

プロペシアは脱毛を予防したい時に期待度の高い医薬品です。

AGAは男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素と結合し、ジヒドロテストステロンへと代謝すると発症が始まります。

ジヒドロテストステロンは脱毛因子を増やすと言う特徴があります。

脱毛因子により髪の毛の成長期が短くなり軟毛化していきます。

円形脱毛症のように急に髪の毛が抜け落ちるのではなく、少しずつ進行していきます。

5α還元酵素には1型と2型があり特に2型の影響が強いです。

2型は額の生え際や頭頂部の毛乳頭にあるために、この部位から薄くなる傾向があります。

フィナステリドはこの5α還元酵素2型を阻害する効果があると言われています。

2.プロペシアの入手方法は

プロペシアは病院やクリニックに来院し、医師から処方を受ける事が必要です。

病院やクリニックでは来院しにくいと言う方は海外医薬品の個人輸入代行サイトで購入すると言う入手方法もあります。

この場合は病院やクリニックで処方を受けるより価格が安いですが、その代わりに偽物であったり、商品が届かないといったリスクもあります。

偽物は効果が出ない上にどんな副作用が出るか分かりません。

一般の人が錠剤を見ただけでは本物か偽物か判別するのは難しいですよね。

心配と言う方は最初から病院やクリニックで正規品のプロペシアの処方を受けたほうが安心です。

3.女性は使用できないと言う注意点

プロペシアは男性用なので女性は使用できません。

女性にはフィナステリドの効果は出ないと言われていますので服用しても意味がありません。

また、妊娠中の女性の場合は男性胎児の生殖器に重大な副作用が出る恐れがあります。

単に服用するだけでなく割れたプロペシアの錠剤を触ると皮膚からフィナステリドが吸収される事があり、妊娠中の女性は触らないで下さい。

病院やクリニックで女性にプロペシアが処方される事はほぼありませんが、女性は使用できない事を予め把握しておきましょう。

男性は成人から使用ができますが未成年では使用ができません。

4.副作用の可能性があると言う注意点

どの医薬品でもそうですが、プロペシアにも副作用があります。

主な副作用は性欲減退や勃起不全、射精障害、精液量減少など男性機能に関わるものが多くなっています。

その他にも蕁麻疹や発疹、乳房肥大、めまいなどの副作用が出る事があります。

非常に稀ではありますが肝機能障害と言った重大な副作用が出る事がありますので、何らかの異常が見られた場合はすぐに医師に相談しましょう。

AGAクリニックでは血液検査を行っており、プロペシアによる副作用が出やすい体質かどうか使用する前に判断することができます。

定期的に血液検査を行うAGAクリニックもあり、異常がないか確認しながらプロペシアの継続ができます。

5.プロペシアは効果が出るまで期間が掛かる

プロペシアは風邪薬や胃腸薬のようにすぐに効果が出るという医薬品ではありません。

個人差があるものの3か月から6か月ほど効果が出てくるまでかかると言われています。

1か月や2か月で効果が出ないからと言って使用を中止せずに継続してみましょう。

ただ、もし6か月過ぎても効果が出ない場合はプロペシアでは改善できない可能性があります。

その時は使用をいったん中止し、医師に他のAGA治療が受けられるかどうか相談して下さい。

フィナステリドはテストステロンの分泌を抑えているわけではありません。

5α還元酵素2型は阻害してもテストステロンの分泌は続いていますので使用を中止するとまたAGAの症状が始まります。

効果が出た後もプロペシアの使用を継続する事が必要です。

プロペシアの価格は1錠250円ほどなので、1か月で7,500円ほどの薬代が掛かる計算となります。

長期間続けると負担が多くなりますが、ある程度の年齢まで脱毛予防ができれば良いといった使用方法もあります。

6.初期脱毛が起きるケースがある

プロペシアを使用すると初期脱毛が起こる事があります。

抜け毛が増えるために副作用が出たのではと心配になりますが、副作用ではありません。

髪の毛には成長期と退行期と休止期があり、成長期は髪の毛が伸びていく期間です。

プロペシアの効果で髪の毛が成長期に入り伸びてくると、休止期に入った髪の毛が押し出されて抜けていきます。

これが初期脱毛が起きる原因となっており、つまりプロペシアの効果が出てきたと言えます。

そのうち自然に初期脱毛は治まりますので心配ないですが、長期間続く場合はすぐに医師に相談して下さい。

プロペシアを検討してみよう

プロペシアは多くのAGA患者さんに脱毛予防が見られますが、必ず効果が出るといった保証はありません。効果が出ない可能性もあります。

ただAGAの症状が末期まで進むと毛根が死んでしまい、プロペシアを使用しても効果が期待できなくなります。

薄毛が始まりだしたら早めに使用を検討していきましょう。

プロペシアに期待できる効果とは。AGA治療薬の入手方法や注意点などに関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)