毛母細胞の働きを活性化させる方法

薄毛や抜け毛の原因として毛母細胞の働きが弱っていることが考えられます。

生活習慣やストレス、栄養の偏りなど様々なことが毛母細胞の成長に悪影響を及ぼしていると考えられます。

そこで毛母細胞を活性化させるための方法をご紹介します。

1.十分なマッサージを行い血行を促進させる

頭皮を中心に十分なマッサージを行うことにより、毛母細胞まで十分に血液を巡らせることにより毛母細胞を活性化できます。

また、体全体の血液を巡らせるという観点から、肩首頭皮の順に十分にマッサージを行うと良いでしょう。

血液は心臓から体中に送り出されてゆきます。

頭皮に十分に血液が巡るまでには肩や首を順番に経由して流れてゆきますので、肩や首の血行を促進させることがおのずと頭皮に血液を十分いき渡らせることにつながります。

特に肩や首は血液が滞留しやすい箇所ですので十分にマッサージを行い、さらに頭皮のマッサージを行うことで体全体から血流を促して、毛母細胞に十分に血液を巡らせて栄養をいき渡らせましょう。

2.食べ物やサプリメントから栄養を与える

毛母細胞の活性化には食べ物から栄養を与えることも重要になります。

毛母細胞を活性化させるために必要な栄養素として、代表的なのは「タンパク質」「ビタミンB」「亜鉛」「ミネラル」などが挙げられます。

まず「タンパク質」は魚や卵、乳製品などに多く含まれています。

「ビタミンB」はレバーや豚肉、うなぎなどに豊富に含まれています。

「亜鉛」は牡蠣やレバー、ナッツ類に多く含まれます。

「ミネラル」はわかめや昆布に沢山含まれています。

「タンパク質」や「ミネラル」は比較的日常の食事から摂取しやすい栄養素ですので食事のメニューを工夫して多く取り入れると良いでしょう。

また「ビタミンB」や「亜鉛」はサプリメントが多く販売されていますので、食事の補助としてサプリメントで手軽に取り入れると摂取しやすいでしょう。

最近では「ノコギリヤシ」というサプリメントも注目されています。

この「ノコギリヤシ」は毛母細胞の成長を阻害するDHTという物質を抑制してくれる効果が期待されていて近年沢山販売されるようになりました。

抜け毛との因果が考えられる前立腺肥大にも効果があるとされていますので試してみると良いでしょう。

3.ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスの乱れは毛母細胞の成長に悪影響を与えます。

特によく知られているのが、男性ホルモンの過剰分泌によってDHTという物質が毛母細胞の働きを著しく阻害してしまい、正常なヘアーサイクルや髪の成長を妨げてしまうということです。

ホルモンバランスは過度な疲労やストレスによって乱れてしまいますので、まずは十分な休息や睡眠をとり自律神経を正常な状態にすることによりホルモンバランスを正常化して毛母細胞を活性化させましょう。

4.育毛剤で毛母細胞を活性化させる

育毛剤には外部から毛母細胞に直接栄養を与えるために沢山の効果的な成分が配合されています。

代表的な成分として「センブリエキス」「ニンジンエキス」「褐藻エキスM-034」「バイオポリリン酸」などがあります。

「センブリエキス」「ニンジンエキス」は植物由来の成分で主に血管を拡張して毛母細胞への栄養の供給を助ける効果があります。

「褐藻エキスM-034」は褐藻という海藻から抽出される成分で血行促進や保湿などに効果があります。

「バイオポリリン酸」は天然成分ではなく、近年新しく開発された成分で、休止状態の毛母細胞に直接成長を促す働きがあるとされています。

育毛剤には非常に様々な種類があります。

天然由来の成分であれば副作用などの心配もないのでこれらの配合成分などを参考に様々試してみると良いでしょう。

5.育毛シャンプーを使用する

育毛シャンプーを使用することでも頭皮環境の正常化や毛母細胞を活性化させることができます。

近年よく「スカルプシャンプー」という呼び名で沢山の製品が販売されています。

育毛シャンプーにも育毛剤と同じように「血行促進」成分や「保湿」成分などが含まれています。

育毛剤と同じ銘柄で販売されているシャンプーものもありますので同じ銘柄の育毛剤と併用して使用するとより効果的でしょう。

また育毛剤までは使用したくないという方も育毛シャンプーなら頭皮環境の正常化という観点から気軽に使用できますので、サプリなどと併用して使用してみると良いでしょう。

毛母細胞を活性化させよう

毛母細胞の働きが弱ってしまうと正常なヘアーサイクルが乱れてしまい薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

生活習慣や食べ物など様々な要因が組み合わさってしまっていることも考えられます。

毛母細胞を活性化させるために食べ物やホルモンバランスなど体内からのアプローチと、マッサージや育毛剤などの外部からのアプローチを複合的に試してみましょう。

それにより一番自分に合った方法を見つけて毛母細胞の活性化につなげましょう。

毛母細胞の働きを活性化させる方法に関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)