ミノキシジルとプロペシアの副作用は?2つの薬のデメリットを見てみよう

AGA(男性型脱毛症)は今やよく知られたワードになりました。

薄毛に悩む男性にとっては救世主のような治療薬が、続々と発売されています。

しかし、薬には良い作用と同時に副作用も起こりうるため、注意して使う必要があります。

今回は、AGA治療薬として以前からよく知られているリアップの主成分ミノキシジルと、新しく登場した飲み薬プロペシア(フィナステリド)の、知っておくべき代表的な副作用についてご紹介します。

1.頭皮のかゆみ、炎症

これは塗り薬のミノキシジルで一番起こりやすいと言われる副作用です。

頭皮に直接薬を塗ることになるので、頭皮の肌トラブルの一つとして起こりうるものです。

また、ミノキシジル自体の「血管拡張」という効果によってほてりや痒みを感じることもあります。

これは頭皮以外の部分にも起こる可能性があります。

人によって重症度は異なりますが、軽くても徐々に重い症状になることもありますので、気になり始めたら、使用を中止して受診したほうが無難です。

元々肌の弱い方や、頭皮にキズがある方も注意して使用したほうがよいでしょう。

2.低血圧

低血圧はミノキシジルで起きると思われる副作用です。

これは、ミノキシジルがもともと高血圧の人のための治療薬として開発された経緯からきています。

血圧を下げる薬として試されていたときに、薄毛が改善してきた、という人が多かったことから育毛剤として発売されることになった、というのは聞いたことがある話かもしれません。

そのため、元の目的だった「血圧を下げる」という効果が副作用として出てしまう可能性があります。

塗り薬であればそこまで大きな変動が出るわけではありませんが、血圧の治療をしている方、薬を飲んでいる方は、医師や薬剤師に相談しておいたほうがよいでしょう。

2.むくみ

ミノキシジルは、血管拡張作用と同時に「抗利尿作用」も併せ持っています。

抗利尿作用とは、尿を排泄しにくくする作用のことです。

つまり体の中の水分が排泄されにくく、貯めこみやすくなってしまうため、身体に「むくみ」として現れる場合があります。

現れる部位は、顔や、手足が多いと言われていますが、これは気づきやすい場所であることも関係しています。

この「むくみ」が心臓に起こった場合、心不全の原因となることもあります。

心臓の持病があるかた、治療をしている方は特に注意が必要になります。

3.動悸、ほてり

前項に続いて、心拍数を上げる作用もあるため、動悸がすることもあります。

または不整脈となって現れることもあります。

つまり、心臓に悪い作用をしてしまう可能性があるということです。

ほてりは塗り薬の場合、頭皮に感じることもありますが、顔や全身など、他の部位でも起こりうる副作用です。

むくみの場合と同様に、心臓の持病がある方、治療をしている方は医師に相談しておいたほうが良いでしょう。

4.性欲減退、ED

プロペシアでは、性欲減退の副作用が報告されています。

頻度としては1~5%未満と言われています。

ED(勃起不全)の頻度は1%未満という報告ですが、これらはデリケートな問題なので、潜在的にはもっと起こっている可能性もあります。

ミノキシジルを使用されている方でも、こういった副作用を感じる方もがいますが、医学的に報告はされていません。

ミノキシジル使用中の方の中にはプロペシアを併せて使っている方もいるため、ミノキシジルでも起こると思われているのかもしれません。

また、この症状は様々な要因が重なり合って起こるものです。

ストレスなどからくる心因性のものも関わっていることもあります。

この副作用が気になって余計に症状が出てしまう場合は、一旦治療を中止してみるのも手かもしれません。

5.その他の副作用としてあらわれる症状

その他に、プロペシアでは、男性の胸が少し膨らんできたり、うつ症状やめまいが出ることもあります。

うつ症状やめまいは他の要因も考えられるため、これが原因とははっきりと言えませんが、そういった報告もあると知っておくと、もし症状が出てしまったときに、すぐ気づいて中止することができます。

気のせいかな、と思ってもストレスの原因となって余計に薄毛が進行する原因になることもありますので、気になる場合は相談したり一旦やめてみてもよいでしょう。

どんな薬でも副作用は起こりうる

AGA治療薬で起こりうる副作用について、代表的なものを紹介してきました。

もちろん薄毛に悩んでいる方にとっては、その悩みやストレスを解消する手立てになるものです。

しかし、効果があるものには、その反面で副作用というリスクがあることも、理解しておく必要があります。

今回紹介した治療薬に関しては、全身に作用することによって特に心臓に対する影響に注意する必要があります。

治療を他に行なっている方、気になる症状がある方は、自分の健康を守るために勇気を持って相談してみることが大事です。

ミノキシジルとプロペシアの副作用は?2つの薬のデメリットを見てみように関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)