短い毛が良く抜ける時の原因とは。なぜ短い毛が抜けるのか

最近短い抜け毛が多くて悩んでいませんか?

寝起きの枕を見ると、細かくて短い毛がびっしりついていたなんてことがあったら恐怖ですよね。

毛が何十本も一気に抜けると不安ですが、それ以上に不安なのは抜けた毛が短くて弱弱しいことです。

なぜ短い毛が何本も抜け落ちるのか原因と対策を探ってみましょう。

1.ヘアサイクルが乱れている

髪の毛が生えて抜け落ちるまでには大きく分けて以下の4つのサイクルがあります。

①髪の産毛が毛根から生え始める
②毛が長く伸び始め、毛根が強く太くしっかりとしてくる
③古くなった毛の毛根が徐々に退化し始める
④髪が抜け落ちる

普通の健康な髪は④の段階に至ってから抜けますが、短い毛がよく抜けている場合、ヘアサイクルに乱れが生じていて、毛が長く伸びる②の段階に至らないまま抜毛してしまっているのです。

②の段階にまで至っていない毛は生え始めたままの短い毛で、毛根も細いままです。

短い毛が太く成長する前に抜けてしまった結果、新しくて強い髪の毛が増えなくて、頭がハゲてくるという悪循環が起こります。

2.男性に多いAGA

短い髪の毛が抜けるという症状がみられる男性に多いのが、AGA(男性型脱毛症)です。

AGAは遺伝で受け継がれ、男性ホルモンであるDHTの分泌が多いほど、ハゲる確率が高いといわれています。

AGA体質の男性には、おでこのあたりの髪の毛がM字型に抜けていく場合と、後頭部のつむじが抜ける場合があります。

AGAは主に体質的な問題で、自然治療は難しいのですが、AGAによる抜け毛を抑えるための服薬治療が効果的です。

DHTを減らすプロペシア(またはフィナステリド)を服用したり、生活習慣を整えて過度なストレスを減らしたり、髪に必要な栄養と睡眠時間をたっぷりとることでAGA対策ができます。

3.プロペシアの影響

AGA対策で体内のDHT分泌を減らす薬品として、プロペシアは大いに役立ちます。

しかしプロペシアを服用した場合、初期症状として短い毛が抜けることがあります。

これは成長していない毛が排除されるためであり、プロペシアを飲み始めた場合に限っては、焦らなくても大丈夫です。

そのまま育っても丈夫になる見込みのない毛が初期段階で抜けています。

プロペシアを服用することによってホルモンの分泌量が変化するということは、薬が効いている証拠なので、しばらくは様子を見ましょう。

4.年齢と老化が原因

加齢、老化現象が原因で短い毛が抜けることもあります。

年齢が60歳以上で白髪の多い人であれば、短い毛が抜けているのは自然な老化現象です。

年を取ってくると自然と髪の毛の成長スピードが落ちてきてしまうので、そのまま毛が抜けることがあり得ます。

全身の新陳代謝が落ちるため、新しい髪の毛もなかなか生えてきません。

加齢によるハゲは仕方のないことではありますが、新しい髪が生えにくいことを考えれば、せっかくある髪の毛を守っておくことのほうが大切だといえますね。

老化を遅らせてくれるといわれている抗酸化作用が強い食べ物をとったり、頭皮の退化を抑えてくれるヘアケアサプリをつけるようにしたりして老化を遅らせ、いつまでも若々しい頭でいられるようにしましょう。

5.季節の変わり目で生え変わりの時期である

季節の境目に、シャンプーしていると毛が抜けることってありますよね。

春から夏、夏から秋へといった季節の変わり目は、動物にとって毛皮の生え変わりの時期です。

人間もまた同じで、髪の毛は季節の変わり目で抜けやすくなり、代わりに新しい毛が生えてきます。

特に抜け毛が多いのは秋です。

夏の紫外線や暑さによるダメージが頭皮の内奥に蓄積されていて、そのダメージが涼しくなったころに表面に出てくるからです。

見えないところでは内臓にも意外と夏のダメージがたまっています。

体に受けたダメージはそのまま新陳代謝へとかかわってきて髪の毛の生え方にも影響するため、夏や秋の季節の境目の時期には体全体をケアしてあげることが大切です。

6.洗髪が上手にできていない

抜けた髪の毛を見たときに、毛根部分に皮脂がびっしりとついていませんか?もしも皮脂の量が極端に多いのであれば、髪をきちんと洗えていないことによる抜け毛が考えられます。

毛穴に皮脂が詰まっていると、髪の毛はスポンと取れやすくなります。

毛根部分に汚れが詰まっていないかどうか、自分の頭皮をチェックしましょう。

そしてもし汚れがひどいようであれば、シャンプーの頻度や仕方を見直して、短い髪の毛が抜けてしまう前に毛根をキレイにしてあげるようにしましょう。

短い髪の毛がよく抜ける時には原因を探ろう

短い髪の毛がよく抜ける時に考えられる原因を6つご紹介しました。

短い髪の毛が抜けてしまうときに考えられる原因がわかれば、抜けないようにする対策もわかります。

ぜひ、抜毛対策をしていつまでも若い見た目の髪の毛をキープするようにしましょう。

短い毛が良く抜ける時の原因とは。なぜ短い毛が抜けるのかに関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)