女性のつむじ薄毛には原因があった。つむじハゲを対策しよう

ふと鏡を見ると、髪にボリュームがなくなっていると、気がつくことってありますよね。

加齢とともに、髪が薄くなり、キレイに整えてセットすることも難しくなってしまいます。

女性の薄毛は、男性のようにM字やO型にハゲることはありませんが、つむじや分け目から薄くなってきます。

では、こうしたつむじから来る薄毛の原因とはどんなものがあるのでしょうか。

1.女性のつむじが薄毛になる理由

髪をセットする際に、いつも同じ所で分け目を作ってしまうことってありますよね。

定番の髪型で、いつもそればかりという方も多いのではないでしょうか。

しかし、同じ所からきっちりと分け目を作ってしまうと、その部分にばかり負担が掛かってしまいます。

髪をとかす時にも、つい力が入ったり、クシで何度も地肌を傷つけてしまったりします。

また、女性なら、オシャレや長い髪がジャマになる時に、ヘアゴムで髪を束ねたり、ピンを使用したりしますよね。

つむじや分け目から、グッと髪を持ってきて、ヘアゴムで縛ったり、バレッタやヘアピンで留めたりすることは、髪を傷めてしまう元になります。

同じ所ばかり、引っ張ってしまい、つむじや分け目に負担が掛かっているのです。

2.洗い過ぎが原因になることも

清潔を心がけていることが、返って裏目に出てしまうこともあります。

髪に付着する汚れの多くは、お湯で洗い流すことでキレイになっています。

しかし、へアセットのためにスプレーやワックスなど使用することがありますよね。

そのようなセット剤の成分は、シャンプーを使って泡立てないと髪から落ちることはありません。

そんな場合には、シャンプーを少量だけ使用して、手の平で泡立ててから使用するようにしましょう。

シャンプーを髪に直接、付けてから泡立つまでゴシゴシ洗いをすると、髪同士が擦れて傷んでしまいます。

また、頭皮も傷がつきやすくなってしまうものです。

フワフワとした泡が立つと、キレイになったような気がしますよね。

しかし、泡はセット剤などお湯で流せないような汚れを落とすと考えるようにしましょう。

洗い過ぎで、つむじに悪影響を与えてしまったら大変ですよ。

3.頭皮のベタベタを取り過ぎるのは、返ってダメ

頭皮には、ある程度の皮脂は必要です。

髪がベタベタするから、脂分でボリュームが無くなってしまうと勘違いしてしまっているのです。

皮脂は、すべて取り除こうとすると、体が自分の体を守ろうと、返って皮脂分泌が盛んになってしまいます。

ある程度の皮脂は、ある方が正常と言えます。

頭皮のベタベタ汚れを無くそうとすると、何度もシャンプーを繰り返すと、今度は乾燥してカサカサになってしまいます。

カサカサすると、頭皮の表面がうろこ状になり、フケとして出てしまったり、かゆみの原因になってしまったりします。

乾燥が頭皮環境を悪化させて、さらに薄毛を促進しています。

4.ホルモンバランスが整っていないことも原因

ホルモンバランスが乱れていることも、つむじ薄毛の原因になります。

加齢からくるホルモンバランスの乱れは、避けて通ることはできません。

どのような影響が出てしまうのかは、個人差がありますが、一般的に更年期と呼ばれるように多くの方が悩んでいます。

症状がつらい場合には、病院に相談して薬を服用するなどの対応ができますが、自分で改善できる部分もありますので、チャレンジしてみましょう。

軽い運動を定期的に行って、気分をリフレッシュしたり、食事バランスを整えてみたりしましょう。

肉や魚などのタンパク質は、髪を作る成分です。

また、乳製品や小魚などのカルシウムや牡蠣や牛肉などの亜鉛は、黒い髪を作り、髪の内部の栄養を高めます。

緑黄色野菜は、ビタミンが豊富で、抗酸化作用があり、髪内部までしっかりと栄養をいき渡らせます。

しっかりと取りたいものですね。

5.ストレスが溜まっている

忙しい毎日に、ストレスが溜まってしまって髪に影響が出ることもあります。

自分は、ストレスなんて、心配ないと思っている女性も多いかもしれませんが、仕事や家事、育児に一生懸命になり過ぎてしまい、イライラが溜まっていることもあるでしょう。

時には、ゆっくりと休んで音楽を聞いてリラックスしたり、好きなスイーツを食べたりして癒しの時間を過ごすことが大事です。

ストレスが溜まってくると、血流が悪くなり、髪に良い栄養がいき渡らなくなってしまいます。

すると、頭皮の血流も悪くなり、皮膚の状態も硬くなって髪が細くなってしまいます。

1本1本の髪が細くなると、どうしても髪のボリュームも無くなって、ペチャっとしてしまいますよね。

ストレスを無くして、元気な髪を目指しましょう。

つむじの薄毛対策をしよう

女性のつむじが薄毛になってしまう原因は、気をつければ、随分と改善されることも多いものです。

毎日、違うわけ方やセットの仕方を楽しんだり、ヘアゴムを使っていた髪を思い切って短くカットしてみたりすることで、明るい気分で乗り切ることもできるでしょう。

つむじを気にして落ち込んでいると、ストレスも溜まってしまうものです。

いつもと違うヘアスタイルも楽しもうと明るく気持ちでケアしていきましょうね。

女性のつむじ薄毛には原因があった。つむじハゲを対策しように関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)