フケが出る原因と改善方法。自分のフケのタイプを知って治そう

学生時代や、通勤通学の電車の中などで、肩に真っ白なフケが雪のように積もっている人を目にしたこと…頭を掻くたびにフケが机や床に落ちている人を、みなさん、1度は目にしたことはありませんか?

実際はしっかり頭皮を洗っている人でも、フケがついているだけでなんとなく不潔なイメージになってしまいがちですよね。

自分では気付いてないだけで、もしかしたら自分の肩にもフケがたくさん。

そこで今回はフケが出てしまう原因と改善方法についてご紹介します。

1.頭皮が乾燥している

フケは大きく分けて乾性と脂性の2種類に分かれています。

その1種類目となるのが乾燥です。

特徴としては乾性のフケは、大きさは1ミリ程度で、パサパサとしているのが特徴です。

まさに肩や頭に乗っている雪のようなパサパサとした白色のフケです。

また、頭皮にパサパサとしたウロコ状の乾燥が見られたりします。

冬などの乾燥する季節に特に多いとされています。

原因として、夏の強い紫外線による頭皮の乾燥やパサつき、強いシャンプーの使用や洗いすぎなどでの皮脂の取りすぎ、強すぎる整髪料や洗髪料の使用、体の不調、栄養不足、ストレス、頭皮環境の悪化などによる菌の増殖などがあります。

改善策としては、皮脂を取りすぎないように、シャンプーの回数や洗い方を見直すことです。

フケを気にしすぎてゴシゴシと強く洗ってしまう人や、シャンプーをつけすぎてしまう方は要注意です。

また、低刺激の自分の頭皮にあったシャンプーなどを使うこと、頭皮環境が良くなるまで、強い整髪料、洗髪料などの使用は避けること、栄養バランスのいい食事をとること、ストレス解消や、質の良い睡眠などが挙げられます。

また、朝シャンなどによる汚れの放置なども頭皮環境が悪化して、菌が増殖してしまうので要注意です。

2.頭皮のベタつき

2つ目の脂性のフケの原因となるのは、頭皮のベタつきです。

脂性のフケは、ベトベトとしているのが特徴です。

頭を掻いた時などに爪の中にアカのような、ベトベトとしたフケが溜まっていると言う状態が目印です。

比較的に女性よりも、男性の方が皮脂が多めなので、男性に多いと思われます。

脂性フケの方の頭皮は「マラセチア菌」という菌が通常の人よりも多く発生しています。

また、脂漏性皮膚炎などにかかっている場合もあるので場合によっては医師による診察も必要になってきます。

原因は、皮脂の過剰な分泌とその皮脂を栄養とする菌の発生によるものです。

その原因として、乾性とは逆に洗髪不足などが挙げられます。

強すぎる整髪料や洗髪料の使用などもあります。

また、油っこいものや甘いものの食べ過ぎによる栄養バランスの乱れなどです。

改善策としては、お湯やシャンプーなどを使ってしっかりと頭皮を洗うこと(シャンプーや洗髪料は使いすぎに注意すること)や、抗菌作用のある洗髪料を使用すること、または病院の診察を受けることなどが挙げられます。

脂性のフケの方の中には「脂漏性皮膚炎」などの場合もあるので、なかなか改善されない場合は、病院での診察をオススメします。

そして、チョコレートやスナック菓子などの油っこいものや、甘いものは栄養バランスを崩してしまいがちなので出来るだけ避けるようにしましょう。

3.ストレスによるもの

そして最後に、ストレスによるものもあるそうです。

ストレスと頭皮は全く関係無いように見えても、ストレスが原因によって起こるものもあります。

原因としては、緊張状態によって、頭皮の血行が悪くなってしまうこと、ストレスによってビタミン不足になってしまうこと、ストレスによって睡眠不足や質の良い睡眠がとれなくなってしまうことがあげられます。

改善策としては、半身浴などがオススメです。

半身浴をすることにより、血行が良くなり、頭皮の毛穴が開くことにより、毛穴の汚れなども落としやすくなるので一石二鳥です。

また、ストレスの解消にも半身浴はオススメです。

好きな香りの入浴剤などを入れてリラックスするのもいいですね。

また、栄養のバランスの取れた食事や、質の良い睡眠を取ることが大切です。

日常的にちょっとした運動を取り入れることもストレスの解消になりますし、質の良い睡眠にも繋がります。

自分のフケのタイプをきちんと把握して改善しよう

上記のことから、自分のフケのタイプをしっかりと把握してタイプに合った対処法をすることが重要になってきます。

乾性のフケと脂性のフケでは対処法が間逆と言っていいほど変わって来ますので、間違えた対処法をしてしまうと、逆に悪化してしまうことも考えられます。

簡単そうで意外に見分けのつきにくい乾性と脂性のフケですが、しっかり原因を突き止めて改善することが大切です。

どのタイプでも言えることは、まずはストレスを解消することや、栄養不足バランスのいい食事が必須になります。

これを機に食生活や生活習慣などを見直すチャンスにもなります^_^そして、場合によっては医師の診察を受けることが大切です。

フケが出る原因と改善方法。自分のフケのタイプを知って治そうに関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)