フケが出る原因とは。脂性か乾性かを見極めよう

気がつくと、肩に白く落ちているフケ。

見た目に不衛生な感じがしてしまいますし、何とかしたいですよね。

でも、フケがなかなか改善しないことに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

洗っても洗ってもすぐにフケが出てきてしまう。

それには原因があります。フケの原因を確認しましょう。

1.フケの正体は垢と同じ

フケの正体は頭皮の角質が剥がれ落ちたものです。

お風呂に入って垢すりで体をこすると、垢がぽろぽろ落ちますよね。

フケとは、この垢と同じものです。

ただしフケが垢と違うのは、こすらなくても剥がれてしまうところ。

角質は、ターンオーバーで新しい皮膚が作られてくると、それに伴って剥がれるのが普通です。

この場合は剥がれる角質はごく薄いため「垢」といっても量も少なく、見てもほとんどわかりません。

しかしフケがでるのはターンオーバーとは関係ありません。

体調などの内的な要因や外的な要因で、いわば角質が無理やり剥がされたものです。

不自然に剥がれるために量も多く、また大きさもはっきりしているので目立ってしまうという特徴があります。

2.フケには乾性と脂性がある

一口にフケといっても、大きくわけて乾性と脂性、二つのタイプがあります。

乾性は文字通り頭皮の乾燥が主な要因になって出てくるフケ、脂性は皮脂が原因になって出てくるフケです。

つまり、乾性が脂性かは、どのような原因でフケが出ているかによって分類されるのであって、フケの状態で分類されるのではないので、ここは注意してください。

実際、フケそのものを比べてみた場合、乾性フケと脂性フケは見ただけではほとんど違いがわかりません。

しかし、フケがどちらのタイプかによって、原因も対処法も違ってきますから、フケに困っている方は、ご自身のフケのタイプがどちらなのかを知っておくのは、大切なことです。

頭皮の状態のチェックを行っている美容院、育毛サロン、または皮膚科の病院などで診てもらいましょう。

3.乾性フケの要因①洗髪のしすぎ

乾性フケが出る直接の要因は頭皮の乾燥です。

手荒れすると、肌の表面がカサカサに乾いて皮が剥けたりしますが、乾性フケが出ている状態は、ちょうどこれと同じです。

頭皮の乾燥を誘発するのは髪の洗い方に原因があることが非常に多いです。

まずあげられるのは、、洗髪のしすぎです。

「フケが出ていたら頭皮をていねいに洗う」というのは、フケ対策の基本として浸透していますが、でも、やはり洗いすぎは頭皮のコンディションを崩すもとです。

シャンプーで洗うと頭皮の皮脂はほとんど落ちてしまいます。

頭皮の皮脂汚れは確かによくないのですが、皮脂は一方で肌を保湿する役割もあります。

皮脂がない、または少ない状態が長く続くと頭皮が乾燥し、角質が剥がれてしまうことになります。

皮脂は洗い流したあと、元に戻るまで24時間程度かかりますから、例えば朝、晩、一日2回洗髪をするのは洗いすぎです。

4.乾性フケの要因②シャンプーの仕方、シャンプー選び方

「洗髪の回数は多くないのに、フケが多い」という方は、頭皮に負担をかけるような洗髪をしている可能性があります。

例えば、シャンプーの原液を直接頭皮にかけるような洗い方はNG。

原液のままだとシャンプーの洗浄力はかなり強いですから、付着した部分だけ皮脂がごっそり落ちてしまい、のちのち頭皮が乾燥する要因になります。

また、添加物が濃度の濃い状態で皮膚に染み込み、炎症、皮膚炎を発症するリスクもあります。

皮膚炎、アレルギーなどの皮膚トラブルもフケにつながることがありますから、気をつけたいですね。

まずシャンプーを手の中で泡立て、シャンプー剤ではなく泡をつけるようにすると、頭皮にも髪自体にも刺激が抑えられます。

シャンプーは添加物が多いものは刺激が強いですから、できるだけ添加物の少ないものを選びます。

特に、洗浄剤として添加されているラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムは、フケをはじめとする頭皮のトラブルの原因になることが、医師からも指摘されています。

最近は少なくなっていますが、シャンプーを選ぶときには成分表示に注意してみてください。

5.脂性フケの要因は増えすぎた常在菌

一方、乾性フケと違い、脂性フケの原因になっているのは、マラセチア菌と呼ばれる細菌です。

これは、人の頭皮にもともと住みついている常在菌で、本来は人体に有害な細菌が皮膚に感染するのを防ぐ役割を持っています。

しかし、何らかの理由でこのマラセチア菌が頭皮に増えすぎると、頭皮のコンディションが悪化し、フケがでてきます。

実際、フケ症の方の常在菌を調べてみると、常在菌の74%をマラセチア菌が占めています。

これはフケの出ない人の2倍近い数ですから、菌の数とフケの間に密接な関係があることがわかります。

ただ、マラセチア菌とフケの関係は判明していますが、ではマラセチア菌が増えることでなぜフケが出るのか、という点については、まだ解明されていません。

そのため脂性フケの対策としては、殺菌作用のあるフケ用シャンプーを使う以外にありません。

ジンクピリチオン、ミコナゾールなどが、マラセチア菌には有効です。

でも、この場合も、洗いすぎるとかえってフケが出る原因になりますので、ほどほどにしてください。

基本的なフケ対策が、フケの原因になることも

髪や頭皮を洗うのはフケ対策として間違っているわけではありません。

でも、皮脂を洗い落としすぎると、洗髪そのものがフケを誘発する原因になります。

また、神経質になるあまりストレスをため込んでしまうと、これも頭皮のコンディションを悪化させるもとになります。

フケが目立ちづらい色の服を着用するなどしながら、ゆっくりと改善していくことをオススメします。

フケが出る原因とは。脂性か乾性かを見極めように関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)