生え際が後退してきた時にできること。AGAが原因の可能性大

最近、生え際の後退が目立ってきたと悩んでいる男性は、意外と多いのではないでしょうか。

放っておいてもますます進行してしまうだけですので、何らかの対策をしていかなければなりません。

そのためには、どのようなものが考えられるのかご紹介します。

1.AGAクリニックを受診する

生え際が後退していくようなハゲ方をする場合、AGA(男性型脱毛症)だと考えられます。

これは、男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の働きによって引き起こされるものです。

DHTの生成には酵素が必要になりますが、この酵素は前頭部やつむじ周辺などに偏って存在しています。

AGAのハゲ方が生え際の後退、もしくはつむじ周辺の薄毛になるのはこのためです。

脱毛を抑えるためには、DHTの生成を抑制するのが一番です。

そして、そのための薬はちゃんと存在しています。

「プロペシア」の商品名で知られるフィナステリドが、その薬です。

DHTの生成に必要となる酵素の働きを抑えることで、DHTの生成を抑制し、抜け毛を減少させてくれる働きがあります。

もしこの薬がなければ、育毛剤を使っても毛髪が生えてくる端から抜けてしまいます。

問題は、フィナステリドには抑鬱状態やED(勃起障害)といった副作用が確認されていることです。

フィナステリドは個人でも購入できますが、万が一副作用が起きたときのリスクが大きいです。

副作用対策についてのノウハウを持っているAGAクリニックを受診し、そこで処方してもらうのが安全な方法だといえるでしょう。

2.ストレスを解消する

AGAクリニックで処方されるもうひとつの薬は、ミノキシジルです。

頭皮に塗布することで毛細血管を拡張し、血流を良化させて毛根に栄養分を与える効果があります。

ただ、何らかの理由で頭皮の血流が悪化しているような場合は、ミノキシジルは十分な効果を発揮できなくなってしまいます。

その理由のひとつがストレスです。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類がありますが、ストレスを受けることで活発になるのは交感神経の方です。

実は、交感神経には毛細血管を収縮させ、血流を悪化させてしまう働きがあります。

多忙な仕事などで恒常的にストレスを受けていると、常に血流が悪化した状態になるため、ミノキシジルの効果が十分に発揮できなくなってしまうというわけです。

血流の良化のためには、ストレスの解消が効果的ですが、最もオススメなのはウオーキングなどの軽い運動をすることです。

ストレスが解消されると同時に、心肺機能が強化され、血流良化の相乗効果が期待できるからです。

3.毛髪に必要な栄養分を摂取する

ただ、いくら血流が良くなっても、肝心の栄養分が不足していては意味がありません。

毛髪の成長に必要な栄養分の摂取が必要なのですが、それはどのようなものなのでしょうか。

毛髪はケラチンというタンパク質からなっていますが、このタンパク質は食べ物から摂取できず、体内でアミノ酸から合成しなければなりません。

そして、最も多いアミノ酸はシスチンというものです。

ケラチン合成には亜鉛が必要になります。

またケラチンが十分に確保されても、毛母細胞の分裂を促進させてくれるビタミンB2、B6が不足していれば、毛髪は十分に成長してくれません。

つまり、これらの栄養素はどれが欠けても駄目だということです。

シスチンは大豆製品、亜鉛は牡蠣、ビタミンB2はレバー、B6はニンニクなどに多く含まれています。

これらの食品は、積極的に摂取していくようにしましょう。

それによって毛根により多くの栄養がいき渡るようになり、ミノキシジルの効果が大きくなり、生え際の後退対策になってくれるからです。

4.タバコと酒は控える

タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させてしまいます。

本当は禁煙が理想的なのですが、禁煙によってストレスを溜め込んでしまっては意味がありません。

その場合は、ストレスにならない程度に本数を減らしていくようにしましょう。

一方、アルコールは少量でしたら血流を良化させるため、ミノキシジルの効果を多少は高めてくれるでしょう。

問題は、大量に飲んでしまったときです。

アルコールが肝臓で分解されるときに、シスチンが使われてしまいます。

シスチンは毛髪の成長にはなくてはならない栄養素です。

それがアルコールによって失われてしまうということは、ミノキシジルの効果を下げてしまうことにほかなりません。

アルコールはあくまでも少量にとどめておくのが、生え際の後退対策になります。

生え際の後退について対処していこう

AGAの治療は健康保険が適用されませんので、ある程度のコストがかかってしまいます。

コストがかかってもいいから、とにかく生え際の後退をなんとかしたいと思っているのでしたら、一刻も早くAGAクリニックの門を叩きましょう。

AGAが進行し、毛根が死滅してしまってからでは遅いのです。

治療の効果がなくなってしまうからです。

そして、治療を受けるのでしたら、効果を高めるために上記の件には注意しておきましょう。

生え際が後退してきた時にできること。AGAが原因の可能性大に関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)