大学生なのにハゲてきた時にやるべきこと。若ハゲを食い止めよう

まだ大学生なのにハゲていると、授業中やサークル活動の時も周りの目が気になって仕方ないし、美容院にいくのも恥ずかしい気がしますよね。

また、流行りのかっこいい髪型にセット出来ないため、女子からモテモテという夢から遠ざかってしまいます。

出来ることならフサフサな頃に戻りたい、でももうハゲてきてしまったと悩む大学生も多いのではないでしょうか。

そこで今回は大学生でハゲてきた時の対処法をご紹介します。

1.まずはハゲてしまった原因を調べてみる

一口に「ハゲ」といっても、色々な種類と原因があります。

例えば、頭皮の皮脂が過剰に分泌される事によるものや、全体的にうっすら薄くなっていくもの、さらに頭皮の乾燥が原因のものまであります。

ちなみに一般的に「若年性脱毛症」といわれる若ハゲは、男性型脱毛症(AGA)が原因の場合が多くなります。

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」ということわざがあります。

まずは、なぜ自分がハゲてしまったのか原因を調べ、自分で解決方法を見つけていくという気持ちを持つことが大事です。

2.AGAクリニックに通院する

現代医学では、様々な病原菌やウイルスに対応出来る薬がたくさん開発されています。

ただ、絶対にハゲがフサフサになる薬というものは、未だ世の中には存在していません。

しかし、AGAクリニックでは、症状が改善される可能性の高い薬は処方されていますし、育毛メソセラピーといって、頭皮の毛根に直接発毛育毛成分を注入する施術方法などもあります。

ここで気をつけることは、クリニックによって施術方法も料金も異なり、1回の施術あたり数千円とか、1年間で数十万円などバラバラであるということです。

どちらにしても、安価で施術したり薬を処方してもらったりすることは不可能なので、ある程度バイト代を貯金すれば可能な額ではあるといえます。

3.自分で薬を購入する

クリニックはやはり安くはないですし、毎回施術する為に通院しなければならないので面倒です。

さらに、クリニックでは薬代だけがかかるのではなく、交通費や初診料などもかかることを考えると、結局薬が欲しいだけなのにもっとお金がかかってしまいます。

でも心配はいりません。薬はネットで自分で購入することも可能です。

とはいえ、クリニックでは国内製の正規品を処方してもらえるのですが、自分で購入可能な「個人輸入」の場合だと、海外製のものになります。

「絶対に国内製のものでなければ安心出来ない」という人もいますし「海外製でも効果は同じだろう、別に気にすることはない」という人もいるでしょう。

効果や副作用に関しては、国内製のものも海外製のものも色々と憶測が飛び交っていますが、決めるのは自分です。

比較的安価な海外製を手軽に自分で購入するか、それよりも少し値段が高いけれど、クリニックに通院して国内製を処方してもらうか、よく考えてみてください。

4.髪の長さやセットを変えてみる

ハゲの種類には、額からM字にハゲる「M型」、後頭部から円形でハゲる「O型」、生え際からどんどん抜けていく「U型A型」などがあります。

例えば、O型の人の場合だと、ドライヤーで周りから寄せるようにして髪の毛を集めてワックスで整えれば、ほとんど分からない位にはなります。

U型A型の人は、いっそのことベリーショートや坊主にしてオシャレに決めるのも良いでしょう。

何もしなければ勿論丸分かりですが、髪の毛のカットやセット方法を少し工夫することによって、自分なりにオシャレに人からも分かりにくくすることは十分出来ます。

5.初心にかえって、ヘアケアや生活習慣の見直しをする

ハゲの症状を確認してから、上に挙げた方法で改善することは出来るかもしれません。

しかし、もし症状の理由が間違ったヘアケアや生活習慣だったりすると、先にこれらを根本的に解決する必要があります。

食生活に関しては、高コレステロールの食材はなるべく控えましょう。

コレステロールは血管が詰まり血流が悪くなってしまう原因を作るため、頭皮の毛乳頭まできちんと血液が送り込まれず、結果的に栄養がいき届きにくくなるということが十分考えられます。

コレステロール値を下げる食材として、サンマやサバなどの青魚に含まれるEPAやDHA、トマトに含まれるリコピン、納豆に含まれるナットウキナーゼなどがあります。

生活習慣に関しては、まずは睡眠不足が考えられます。

睡眠時に、頭皮の毛根の細胞分裂を活性化する成長ホルモンが増加するのですが、睡眠時間が短くなることで、これらのホルモンの分泌量が減少してしまい、結果的に薄毛になってしまうことも考えられます。

また、日常生活における過剰なストレスも薄毛の原因だと言われています。

自分に一番合った若ハゲ対処法を見つけよう

この記事の中でも挙げたように、ハゲにも色々な種類があります。

改善されるスピードにも個人差があるでしょうし、どの方法がベストと言い切れるものはありません。

しかし、どの方法も薄毛が改善される期待がもてることだけは確かです。

何もしないより効果があるでしょうし、第一何もしないとどんどんハゲが進行していくのを待つばかりです。

とはいえ、無理して高いお金を払うことが必ずしも正しいことではなく、自分に無理のない方法から試し、そうしながら自分に合った最善の方法で対処するのが良いでしょう。

今からでも遅くありません。悲観的にならず、自分に一番合った対処法で若ハゲを改善してみましょう。

大学生なのにハゲてきた時にやるべきこと。若ハゲを食い止めように関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)