周囲にバレずに植毛するための注意点

「稙毛したい」と思っても、植毛したことが会社の仲間にでバレるのではと考えると不安になりますよね。

せっかく、フサフサの頭髪を取り戻しても、周囲にバレてしまっては悲しいものです。

そこで、せっかくの稙毛をバレないようにする方法をご紹介します。

1.稙毛する場合は自毛植毛

自毛植毛は、強く元気な毛髪(後頭部や側頭部)の細胞を切り取り、弱くなった細胞部分に移植する手術です。

薄くなった頭皮部分に、短い毛髪の付いた自分の細胞を植え込みます。

よって増毛や人工毛の稙毛と違い、伸びてくるのに時間が掛かります。

短い毛髪が伸びたと感じるのに3、4か月かかるので、髪の毛が戻ってきた実感は、すぐには得られないかもしれません。

しかし自分の頭部の細胞なので、毛髪の色クセは勿論そのままです。

人工毛を使った植毛とは、比べ物にならない程、違和感が全くありません。

人工毛の稙毛も、自分の毛髪に近い色味や太さの物を選びますが、自分の毛髪にはかないません。

自毛植毛は、周囲の人達にも、薄かった部分が自然に増えてきたように感じるため、なかなかきづかれないわけです。

また、自毛植毛の最大のメリットは、抜けてもまた生えてくるという事ではないでしょうか?健康な髪の毛と同様、抜けたてもまた生えてきます。

「頭部に手術の傷が出来て、バレるのでは?」と心配な方もいらっしゃるでしょう。

手術の部位によっては、縫合をしなくてはならない場合も、襟足や目立たない部分を取るので、術後の傷も安心です。

実際、自毛植毛は、バレる事はほとんどありません。

「人に気付かれているのではないか?」と神経質になられる方もいらっしゃるでしょうが、他人は、それほど気にしていません。

あまり神経質にならず、自信を持つことも大切です。

ストレスを余計に溜めない事は、毛髪にとっても大事な事です。

2.稙毛を広範囲にする場合は、回数を分けて行う

薄毛の部分が広範囲の場合だと、一度に沢山の部分の稙毛をしたいと思うでしょうが、そこはぐっと我慢です。

狭い範囲を少しずつ植毛していく事が、バレないコツです。

移植した細胞には、短い毛が付いているので、広範囲だとかなりの違和感があります。

せっかくの自毛植毛も、バレてしまっては台無しになってしまいますね。

手術は小さい範囲で数回に分けて行い、自然に増やしていく事が、傷も少なく術後の状態も良いと言えます。

3.一週間程の休暇をとり、植毛に集中

自毛植毛の手術後は、一週間程の休暇を取る事が理想です。

会社勤めの方は、なかなか休暇も取り辛いでしょう。

それでも最低2~3日の休暇は取らなくてはいけません。

その為ゴールデンウィークやお盆年末の長期休暇を合わせて受けられる方が多いです。

小さな傷であっても、手術を受けるわけですから、麻酔がきれると痛みを感じる事もあります。

また、縫合部分などの腫れや、手術の疲れがでて、寝込んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん自毛植毛には副作用もあります。

頭皮の痛みや頭皮の腫れ、まぶたがはれぼったくなる、むくみや頭皮の不快感などの症状が現れる方もいるため休暇は必要です。

クリニックによっては、これらの副作用を少なくできるような施術もあります。

副作用を出にくくする方法としては、冷やしたり、頭を高くしたり、体を温めない(長風呂を避ける)などの、むくみの対策もあります。

また、傷跡の赤みやかさぶたも、丁度一週間程で落ち着いてきます。

その為、一週間程度の休暇を取る事が、バレないコツの一つでしょう。

3.稙毛に頼りすぎず、しっかりケアを続ける

「植毛したからもう安心」と、今まで頑張ってきた頭皮のケアを怠っては、絶対にいけません。

植毛した部分の細胞は強くなっていても、していない部分は元々のままだという事を忘れてはいけません。

今まで毎日、育毛剤などでしっかりケアをしてきたからこそ、頑張っていた毛髪も、ケアをしなくなると植毛部分の前の姿になりかねません。

バレずに植毛に成功したのに、周りの毛髪が抜けてしまっては、逆に違和感を与え、稙毛したことがバレてしまいます。

薄毛の進行を止める事が出来れば、自毛植毛の効果も断然アップするわけです。

今まで同様の頭皮ケアを続けていいくことが、植毛がバレない秘訣の一つです。

しっかり準備をして植毛にのぞもう

植毛を、周りの人にバレずに行う方法を紹介しました。

他人は、あなたが思っているほど、あなたの小さな変化に気付きにくいものです。

それほど神経質に考える必要はありません。

それでも、どうしてもバレたくないという気持ちが強ければ、薄毛を極端に気にしていることや、植毛を検討していることだけは、他人には口外しないことです。

また、植毛を行う際は、自分に合った手術法を選択し、事前の計画をしっかり立てて準備しておくことも大切です。

植毛した部分の、毛髪が生えそろうまでの間の対策も考えて、施術を受けるべきでしょう。

周囲にバレずに植毛するための注意点に関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)