フケが大量に出る理由とは。なぜ頭から白いフケが落ちるのか

ふと見ればなぜかそこに落ちている、フケというのは厄介な存在です。

少し出ても困りものなのに、大量に出てくると悩ましいことこの上ありません。

ここではフケの大量発生ないし悪化の原因となりうることについてご紹介します。

1.シャンプーの種類や仕方に問題がある

シャンプーによるフケ対策は、洗いすぎも不潔にするのもダメ、など難しい部分があります。

しかし、シャンプーは頭皮環境と強く結びついていますので、諦めがたいところです。

フケには乾性と脂性と二つのタイプがありますが、シャンプーやリンスをいいかげんにすすぐことや、爪で洗うことは、共に厳禁です。

脂性のフケが出る場合は、皮脂を落とす必要があります。

シャンプーの時間が短いと皮脂が落ちづらくなるようです。

お湯が通らないため、洗髪効果も出づらくなります。

シャンプーが適したものでない場合、余計にフケが出ることがあります。

脂性のフケにおける一番の敵はマラセチア菌ですので、これを抑える抗真菌シャンプーを使うと一番手っ取り早く症状が抑えられます。

乾性のフケの場合は、皮脂を洗い流さないようにします。

シャンプーの時間が長かったり回数が多かったりするのは、皮脂が減ってしまう要因になります。

また、お湯の温度が高すぎると皮脂が落ちやすくなってしまいます。

2.頭皮に負担をかけている

パーマやカラーリングのあとに、ひどいフケが出た方もいます。

美容師さんが手袋を使うことからもわかる通り、パーマやカラーリングの薬は肌を強く刺激します。

ヘアケア剤が替わってからフケの症状が変化している場合、その商品が自分の肌に合っていない可能性があるでしょう。

特にアレルギー反応が強く出る方は、現在使っているヘアケア剤が自分の肌に合っているのか、いま一度確認してみてよいでしょう。

3.触ってしまう

フケが出てくると気になって、つい頭に手をやってしまう人も多いのではないでしょう。

フケが出るような頭皮環境においては、皮膚は特にデリケートになっています。

皮膚の持つバリア機能が破壊されると、頭皮の状態はますます悪化します。

かゆみが出ている場合ですと、かくことでかゆみは収まるどころかさらにひどくなります。

かゆみがひどいと我慢するのは難しいです。

神経を消耗する前に、皮膚科を頼ってみてほしいでしょう。

4.食生活が乱れている

偏ったものばかり食べたり、食事の量が足りていなかったり、といった食生活の変化はありませんか?高カロリーの食事が多くなったり、脂質の多い食品を食べたりすると、当然頭皮の皮脂も増えます。

また、ビタミンAなどの栄養素が不足すると、肌が乾燥しやすくなると言われています。

ダイエットなどで食事の量が少なくなっている方は、一日に摂るべき栄養が足りているか確かめてみましょう。

免疫力が低下するのも、フケがひどくなる原因になります。

5.疲れがたまっている

毎日の疲れが取れていないと、風邪などを引きやすくなります。

つまり免疫力が落ちた状態です。

風邪ウイルスを退治できなくなるのと同じように、頭皮のストレスや脂性フケの原因菌マラセチアの増殖にも対応しきれなくなっていきます。

睡眠はしっかり取れているでしょうか?睡眠不足はお肌に悪いというのはよく耳にしますが、もちろん頭皮にも当てはまります。

また、睡眠不足においては皮脂の分泌も増えると言われているので、脂性タイプの方も注意したいところです。

日々のストレスが多いのも問題です。

交感神経が活発になることで血管が収縮し、頭皮に栄養がうまく行き渡らなくなってしまいます。

6.寒くなってきた

秋冬は乾燥の季節です。

カサカサになった肌は、かゆみさえもよおして肌を苦しめますが、頭皮においても同じです。

元々肌が乾燥しがちの方には、寒くなってきてからフケが気になってくるということもあるでしょう。

寒いと血管が収縮しますので、頭皮が栄養を受け取りづらいといった状態も重なってきます。

7.脂漏性皮膚炎の可能性

頭皮の炎症がひどい場合ですと、脂漏性皮膚炎にかかっている可能性があります。

脂漏性皮膚炎は、フケと同じくマラセチア菌によって引き起こされます。

脂性のフケの症状が進行した場合と考えてよいでしょう。

脂漏性皮膚炎だと、かゆみや抜け毛といった諸症状も見られるようになります。

また、頭皮だけでなく小鼻の脇や耳の周辺など、皮脂が多いところで皮膚がポロポロ取れてくることもあります。

慢性化や再発の多い疾患ですので、一般のフケ症に比べてよりしっかりとした治療が必要になるようです。

8.その他の疾患の可能性

乾癬においてもフケに似た症状が見られます。

脂漏性皮膚炎と同じく患部に炎症が見られますが、こちらは、赤みやかさぶたといった症状になります。

乾癬の場合は、フケ状の物質が、盛り上がったかさぶたが取れるようにして落ちてくるのが特徴的です。

また、アトピー性皮膚炎からフケの症状が出る場合もあります。

初期には乾性のフケのような細かい皮膚片が発生します。

しかし、アレルギー反応が加わってかゆみなどが出ると、かきむしった傷が化膿してひどい炎症になることがあります。

フケが出る理由を探ろう

フケが大量に出てくる原因についてご紹介しました。

当てはまるものはあったでしょうか?ただちに対処しにくいものもあるでしょう。

症状が複合的に生じている方は、いろいろ気を配ってみてもうまくいかないという場合もあるでしょう。

自助努力のみで難しいときは、皮膚科医院なども頼ってくださいね。

フケが大量に出る理由とは。なぜ頭から白いフケが落ちるのかに関連する情報

髪に関する情報(外部サイト)